GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 採用情報 >
  3. 社員紹介 >
  4. 2013年入社のシステムエンジニアのご紹介

2013年入社のシステムエンジニアのご紹介

先輩を見本に後輩の指導を頑張ります

写真 社員T.M所属: 福岡ソリューション事業部 公共システム部
氏名: T.M
出身学科: 情報工学部 電子情報工学科
趣味: ゴルフ、サッカー

Q.現在、どのような仕事をしていますか?

自治体様向けに薬局等の許認可業務支援のパッケージ開発・導入を行っています。その中で、一つの自治体様の導入作業を担当し、本稼働に向けた準備をしています。この1年間で、自治体様の要望に合ったシステムを構築するために、どのような機能が必要か業務の打合せをしたり、実際にシステムを構築する開発作業を行いました。また、自治体のお客様がスムーズに運用できるように現地での操作研修や電話でのフォローといった導入における全行程を経験することができました。

Q.新入社員研修の感想は?

新入社員研修では多くのことを学びました。東京での研修だったため、知らない場所、知らない人々といった環境の変化についていけるか不安でした。しかし、同期の仲間と色々な場所に遊びに行ったり、飲みに行ったりとたくさんの交流を深めることができました。つらいことや分からないこともたくさんありましたが、同期で切磋琢磨して研修を乗り越えることができたのは非常に良い経験だったと思います。

Q.入社して苦労したことは何ですか?

私は大学が情報系出身だった為、プログラミングは得意でしたが、文章を書くことが非常に苦手でした。研修や1年目の作業報告書を書く際には本当に苦労しました。しかし、1年間のOJTでトレーナや上司の指導のお蔭で、文章作成力を鍛えられました。今でも苦手意識はありますが、社会人として恥ずかしくない文章力を身に付けることができたと感じています。SEはプログラミングができれば良いと思っていましたが、お客様や社内で文章を通じて伝える能力も必要であると痛感した1年でした。

Q.入社して嬉しかったことは何ですか?

QFIでは半期に一度上司との面談が実施されます。私が入社1年目の面談の際には、「とにかく技術スキルを身に着けたい」、2年目の面談の際には「業務スキルを身に着けたい」と要望しました。私の要望したことに対して親身に考えていただき、今ではそれを仕事として実践できています。さらに、「3年目には新しい技術を身に着け、技術スキルに磨きをかけたい」と上司に要望しました。その結果、私のチームで今後展開していくスマートデバイスの開発チームの主力メンバに任命されました。私の意思を尊重してくれる上司がいること、「自分のやりたいことができること」が私にとって一番嬉しいことです。

Q.入社してから現在までを振り返っての感想と今後の抱負は?

入社1年目の時は、先輩方に相談にのってもらったり、分からない事を何でも質問したりと常に支えてもらう立場でした。しかし、2年目になった今、後輩を支える立場となりました。先輩達がしてくれたように、後輩の相談や悩みを聞いて精神的な面を支えること、また技術的な面でもきちんと指導できるよう日々スキルアップしていきたいと思います。

Q.QFIの良いところは?

写真 社員T.Mの仕事風景

QFIにはフットサルや野球のサークルがあったり、飲み会などのイベントも頻繁に開催されます。このような交流の場が多いこともQFIの魅力の一つだと思います。また、私が仕事で失敗をして落ち込んだ時には、話をきいていただいたり、適切なアドバイスをして指導していただきました。相談や悩みをなんでも聞いてくれる先輩がいることが私にとって一番嬉しいことです。