GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. IoT/M2M >
  4. ドコモビジネストランシーバ

ドコモビジネストランシーバ

全国のFOMAエリアを利用したトランシーバサービス

ドコモビジネストランシーバとは

FOMAネットワークを利用することで基地局設備が不要になり、イニシャルコストが抑えられます。
また、無線免許や無線従事者の資格が不要となり、導入するためのハードルが低くなります。
さらには音声通話の他に、配車システムや運行管理システムなどと連携したデータ通信も可能となります。

ドコモビジネストランシーバの特徴

1.基地局設備が不要

  • 全国のFOMAエリアを利用できるトランシーバサービスのため、従来の業務用無線のような無線免許申請や無線資格従事者による工事が不要となるなど、無線設備にかかるコストを安価に抑え手軽に導入が可能です。

2.FOMAエリアを利用し、広範囲の通信エリアでの利用が可能

  • 全国のFOMAエリア内であればどこでも利用が可能です。業務無線では電波が届かない山間部などの圏外エリアや、ビルの谷間などの不感地帯などの問題が大幅に解消され、快適な通話・通信を実現します。

3.グループ通話、強制通話など用途にあわせた通話形式に対応

  • 通常の「個別通話」と「一斉通話」に加えて、登録グループごとに通話できる「グループ通話」、緊急連絡時などに相手が通話中でも通話を可能にする「強制通話」、GPSと連動して指定範囲内にいるトランシーバと通話することができる「周辺通話※1」に対応しています。

4.ビジネスの可能性を広げる拡張性

  • 動態管理や位置情報システムなどをはじめ、お客様の業務にあわせて多様なM2Mソリューションを構築可能。ドコモビジネストランシーバの高い拡張性がビジネスの可能性を広げます。

5.迅速な動態サービスの提供

  • ドコモビジネストランシーバ提供メーカによる、各種サービスをご提供しています。迅速にご利用可能で、ビジネスの効率アップに貢献します。※2

※1 GPSアンテナ等が別途必要です。
※1 別途「トランシーバデータ連携サービス」のご契約が必要です。また、ご契約のサービスによってはご利用できない場合もございます。
※2 別途「トランシーバデータ連携サービス」のご契約が必要です。

ドコモビジネストランシーバの製品ラインナップ

車載タイプ、ハンディタイプをご用意

  • お客様のご要望に応じて、車載タイプ※3、ハンディタイプを各種製品ラインナップしております。
    製品ラインナップはこちら
    製品についての詳細は営業窓口へご連絡ください。

※3 車載タイプをご利用頂く場合には、別途取付け工事が発生することがございます。

ご利用料金

トランシーバサービスのご利用料金はこちらのページをご確認ください。

※「FOMA」は株式会社NTTドコモの登録商標です。


本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通パーソナルズ
モバイルフォン営業本部 法人営業統括部 IoT営業部

お問い合わせ受付フォーム