GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2016年 >
  4. 「沖縄観光の未来をつくるアイデアソン」を開催しました。

トピックス

琉球大学2015年度後期集中講座
「沖縄観光の未来をつくるアイデアソン」を開催

「沖縄で世界一のホテルをつくる!」をテーマに学生と社会人によるアイデアソンを開催しました。

◇開催日:
2016年2月12日~14日
◇参加者:
学生25名、社会人11名 計36名
◇参加企業(自治体系含む):
  • 那覇市
  • 沖縄総合事務局
  • 株式会社近畿日本ツーリスト沖縄
  • 株式会社かりゆし
  • Kafuu Resort Fuchaku CONDO・HOTEL
  • ザ・テラスホテルズ株式会社
  • 通訳案内士

アイデアソンを通じて『共創』を体感する。

現状の延長線上にはない新たなアイデアを創出するためには、多様な視点やモノを取り入れ、様々なステークホルダーと協働して共に新たな価値を創造していくことが大切だといわれています。その『共創』の一端を体感する場として、琉球大学の生徒、ホテルや自治体の社会人の方々に富士通グループの社員も加わり、多様な顔ぶれにてアイデアソン(※)を実施しました。

※アイデアソンとは?
Idea + Marathonの造語。多様な参加者が集まり、テーマについてアイデアを出し合い、新しい製品・サービスやコンセプトを考えるイベントです。短時間で真剣にアイデアを出し合っていきます。

アイデアのインプットとして業界の方々との対話

キーノートとして業界の方々からのプレゼン(沖縄県:外間氏、富士通株式会社:鈴木氏、株式会社沖縄ティーファクトリー:内田氏)、参加者としてチームに入っていただいたホテル/自治体の社会人の方々からのインプットを元に現状の課題を洗い出し、アイデアを膨らませることに励んでいました。

写真:左から沖縄県職員)外間様、Kafuu Resort Fuchaku CONDO・HOTEL)中谷様、琉球大学の学生たち写真:左から沖縄県職員)外間様、Kafuu Resort Fuchaku CONDO・HOTEL)中谷様、琉球大学の学生たち

個人のアイデアをチームでカタチに

参加者それぞれがアイデアを出し合う『スピードストーミング』を行い参加者同士でアイデアを交換します。いろいろなアイデアをたくさんのメンバーと共有して深堀しながら、具体的なイメージへと昇華させていくワークです。
そして、そのイメージを『アイデアスケッチ』として一枚の絵に仕上げ、みんなに紹介しながら、これから一緒にアイデアをカタチにしていくためのチームを作りました。学生と社会人が混在するチームが全部で6チーム。いよいよここからはチームでアイデアをまとめていきます。

写真:左はスピードストーミング、右はアイデアプレゼン写真:左はスピードストーミング、右はアイデアプレゼン

メンバーと対話しながらアイデアをブラッシュアップし、色紙やブロックなど身近にある素材を使ってプロトタイプを作ります。同時に自分たちのアイデアをしっかりと伝えるための手書きスライドや、製品・サービス紹介カードも作成していきます。最終的なプレゼン発表は審査員や他チームに対して行います。

写真:プロトタイプ作成中写真:プロトタイプ作成中

写真:プレゼン発表写真:プレゼン発表

グランプリは、「海中ホテル」を提案したチーム『人魚』

審査員は、近畿日本ツーリスト沖縄より代表取締役社長)福岡氏、沖縄富士通システムエンジニアリングより代表取締役社長)内田氏、総務部長)宗村氏、富士通株式会社より川村氏の4名で審査を行いました。
グランプリは、全員一致で「海中ホテル」を提案したチーム『人魚』に決定!
内容、発表ともにわかりやすく具体的に考えられており審査員から高い評価を得ました。

写真:左からチーム『人魚』の皆様と審査員の福岡氏、チーム『人魚』のプロトタイプ写真:左からチーム『人魚』の皆様と審査員の福岡氏、チーム『人魚』のプロトタイプ

今後の活動に向けて

開催後のアンケートでは、「自分の考えをとりあえず言ってみると、周りの人から新たな意見が聞ける。」(大学生)、「新しい発想で、物事を捉えることの大切さを学んだため、職場でもぜひ既存のアイデアや経験にしばられない発想をしたいと思います。」(社会人)、「各市町村でもやってほしい!!」(社会人)など、短時間のプログラムながら『共創』の一端を体感できたとする意見が多数ありました。

沖縄富士通システムエンジニアリングは、これからの社会をより豊かなものにしていくためにもっと多くの人たちとつながり、より大きな価値を創っていく必要があると感じています。
今回のイベントをきっかけとし、イノベーションを実現する取り組みを進めていきます。

ご参加いただきました学生、社会人の皆様、3日間ありがとうございました。

以上


トピックスに記載された個々の情報は掲載当時のものであり、最新の内容と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。