GTM-MML4VXJ
Skip to main content

モバイルテクノ

Japan

  1. ホーム >
  2. 技術情報 >
  3. 技術動向 >
  4. 第5世代モバイル通信システム(5G)の標準化に向けた国際的な動向

第5世代モバイル通信システム(5G)標準化に向けた国際的な動向

モバイル通信システムの国際標準(IMT:International Mobile Telecommunications)を扱うITU(国際電気通信連合)と3GPP(3rd Generation Partnership Project)では、2020年の5G(IMT-2020)の実現に向け、標準化活動が最終フェーズを迎えている。

ITU
 2015年:IMTビジョン勧告(M. 2083)策定
 2019年:世界無線通信会議(WRC-19)
                  IMT用周波数の特定(候補周波数帯は24.25-86GHzの11バンド)
 2020年:勧告化

3GPP
 2017年:リリース14(要求条件、展開シナリオ、要素技術等)
 2018年:リリース15(5G最初の仕様、超高速(eMBB)、超低遅延(URLLC))
 2019年:リリース16(超高速、超低遅延、多数同時接続(mMTC)、全ての技術性能要件に対応)

g5-standardization
                   第5世代モバイル通信システムの国際標準化動向(注1)

                              

注釈


注1 出典:総務省,「電波利活用セミナー2018」-IoT時代におけるLPWAの魅力と可能性-,電波政策の最新動向,2018.6.6