GTM-MML4VXJ
Skip to main content

三重工場

三重工場

豊富な水と緑豊かな自然に囲まれている三重工場は、自然環境と先進の半導体製造工場の共存を目指しています。環境マネジメントの国際規格であるISO14001認証を1996年12月に取得しています。

工場紹介

三重工場
所在地 〒511-0118 三重県桑名市多度町
御衣野2000
工場長 大槻 雅也
竣工 2005年4月(300mm工場)
生産品目 300mmロジック半導体ウェハー

三重300mmライン

会社紹介ビデオ

周辺マップ

三重工場周辺マップ

三重工場アクセス情報はこちら 

工場長ごあいさつ

三重工場長 1984年10月に富士通株式会社の先端半導体の中核工場として操業を開始した三重工場は、地域の皆様のご理解とご支援に支えられ、洗練された製造技術や独自技術を用いて世界中のお客様に高品質のテクノロジーとサービスを提供しています。
今後も、皆様に愛され、信頼される工場を目指してまいります。

三重工場長 大槻 雅也

アピールポイント

30年以上の実績があります
ロジック、バイポーラ、メモリの開発試作・量産の拠点として1984年に操業を開始し、30年以上に渡って、富士通および日本の半導体産業の成長に貢献してきました。

ECO Foundry エコな工場です
環境にやさしい半導体製造工場を目指し、最新の省エネ技術の導入や資源の有効利用を進めています。

災害に強い工場です
世界に先駆けて導入したハイブリッド免震建屋、NAS電池およびリチウムイオンキャパシタによるバックアップ電源、LNGサテライト基地など、先進の災害リスク対策を講じています。

GTM-TB42WT