GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

小話

毎日計測しています

静脈認証技術を研究しているグループは、何年にも渡り毎日自分自身の静脈を計測しています。
それは、この認証技術が開発されてから長い歴史があるわけではないので、自分達の静脈を計測することで、季節の変化や普段の行動によって、認証にどのような影響を与えるかを自分達で確認するためです。この結果、手のひらの静脈は環境の影響を受けにくく、非常に安定した認証が可能であることを確認しています。

(研究員の娘さんも協力)
静脈のパターンは子供の頃から大きくは変わらないと言われていますが、それを実証しようと、娘さんの手を毎週、計測しているそうです(研究員はすでに大人なので、実証できない)。幼稚園児の時から、小学5年生になった今でも計測を続けていて、研究員にとっては「今は娘の成長記録のひとつになっているんですよ」とのことです。もちろん、計測を続けた5年間、静脈パターンは変わっていないそうです。

中国でも大人気

ある学会での出来事です。通常、発表者に質問があると、発表後に発表者のまわりに人が集まります。その発表内容が興味深いものであれば、あるほど人だかりになります。
富士通研究員が中国で開催された学会で発表を終えたあと、沢山の学生に囲まれ質問攻めにあったそうです。数年前までは、静脈認証の話をしてもキョトンとされるばかりでしたが、静脈認証が広まるにつれて、大学での研究も盛んに行われるようになったようです。
地道な普及活動が実を結びつつあることを実感できる出来事でした。

ページを移動