GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. やさしい技術講座 >
  3. 全講座一覧 >
  4. 単位について>
  5. おまけ~2進法と10進法によるパソコンの容量の違い~その2

おまけ~2進法と10進法によるパソコンの容量の違い~その2

ところで、赤い袋の方は、どうして「1024」なんていう半端な数なんだろう。どうしてそんなまとまりになるんだろう。

それは、コンピュータは2進法を使っているからなんだよ。

・2進法

2進法ってなんだろう。

「0」と「1」の2種類の数字で表現します。2コをひとまとまりとし、2コ目で桁があがります。
【代表例】コンピュータの信号、「10011001…」と文字や数字を表現。

・10進法

0・1・2・3・4・5・6・7・8・9の10種類の数字で表現します。10コをひとまとまりとし、10コ目で桁があがります。
【代表例】お金の数え方、「1円・1965円…84万円・1億3727万円…」と表現。

この他にも、数字の表現方法はたくさんあります。

・ダース…12をひとまりとする「12進法」

・分・秒(時間)…60をひとまとまりとする「60進法」

・コンピュータ上で使う色…0~9まで10種類の数字と、A~Fまで6種類のアルファベットを組み合わせて表現される「16進法」(例この色は「d20b37」という色です)

などです。

こうした色々な表現方法がある中で、人間がわかりやすいのは、主に10進法なんだな。一説では、両手の指が、合わせて10本あるから、とも言われているんだ。


・2進法

80,000,000,000(B)≒1024(=2222222222)1024102474.5(B)

<74.5GB(小数点弟2位以下省略)>

・10進法

80,000,000,000(B)=1000(=101010)1000100080(B)

<80GB>


だから、同じ80,000,000,000バイトの容量でも、74.5ギガバイトと書いてある場合と80ギガバイトと書いてある場合があるって事なんだよ。

おまけ話

G(ギガ)gigaの語源はギリシア語で「巨人」「巨大な」の意味で、10億をM(メガ)megaの語源はギリシア語で「大量」「偉大な」の意味で、100万を表す接頭語なんだよ。

ページを移動

前へ