GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. やさしい技術講座 >
  3. 全講座一覧 >
  4. 光通信技術 >
  5. なぜこの技術が必要なのかな

なぜこの技術が必要なのかな

1秒間の国内通信量

1秒間に812.9ギガbit(DVD容量4.7ギガByteの約21枚分)の通信量があると総務省から発表されています。これは3年前と比べて通信量が3倍になっています。私達は、日常の中で携帯電話・メール・画像配信、サイバー(仮想)商店などを情報のやり取りに利用しています。機器の性能も年々向上し、利用の仕方も変わってきています。今後も通信量は、上昇すると考えられます。この情報のやり取りに光通信技術が使われています。

(引用元:総務省総合通信基盤局電気通信事業部データ通信課、2007年11月調べ)

伝送量

世の中の通信量の増加に伴い、1本の光ファイバーでより多くの情報を送る技術が次々と開発されてきました。

伝送量を示す単位

bps(ビーピーエス)を使います。これはbit per second(ビットパーセカンド)の略で、1秒間に送れるビット数を表しています。例えば、1bpsという場合は、1秒間に1ビットのデータを送れることを表します。

ページを移動