GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

光通信とは

光通信ってなんだろう

光を使って、情報を相手に伝えることです。

光通信の基本構成

私達の身近なコンピュータや携帯電話は、情報を「0と1」の電気信号で発信しています。光通信は、電気信号を光信号に変換する「送信器」と逆に光信号を電気信号に変換する「受信器」、 そして光を運ぶ路「光ファイバー」で成り立っています。

光通信のメリット

  1. 伝達距離が長く、省エネで経済的
  2. 1度にたくさんの情報を送れる
  3. 通信速度が速い

1)伝達距離が長く、省エネで経済的

1秒間に10ギガbitの情報(100億個の信号)を送る場合、電気通信では100メートルごとに信号を調整する必要があります。これに対して、光通信の場合は調整間隔を100キロメートル以上にすることも可能です。信号を調整する回数が少ないほど、機器の数が少なくて済むため省エネで経済的です。

例えば、今は、海外の友達と電話で話したり、チャットで話しても国内で通話しているのと変わらないように感じますね。昔のように声が遅れたりしません。電気通信しかなかった頃は、1度に送れる距離が短く送れる情報量も少なかったので、主に電波を人工衛星で中継させて海外とやり取りをしていました。しかし、光通信の場合は、1度に送れる距離が長く、情報量も多く送れるので、光ファイバーの海底ケーブルを使うことによって、違和感なく海外とやり取りできるのです。(電波と光の速度は同じです。しかし、宇宙を経由すると経路が長くなるので信号の到着が遅くなります。海底ケーブルはずっと距離が短いので信号がより早く到着します。)

2)1度にたくさんの情報を送れる

沢山の人が希望する情報(映画やニュースなど)を同時に受け取ることができます。電気通信は最大で1秒間に10ギガbit(0と1の信号を100億個)の伝送容量に対し、光通信は最大で1テラbit(0と1の信号を1兆個)の情報を送ることができます。

3)通信速度が速い

電気通信の場合は、電気的ノイズによるエラーが出るため、通信速度が遅くなります。しかし、光通信の場合はノイズに影響されないので、スピードの速い信号が送れます。

ページを移動