Skip to main content

English

Japan

人間の「目」が物を立体(3D)に見る仕組み

人間は、右目と左目で実は違う画像を見ています。知っていましたか?

ちょっと試してみよう

まず、画面から1メートル位はなれて、腕を伸ばしてイラストのコップの中心を指でさしてみてください。
その腕をそのままにして、目を片方ずつ閉じてみてください。右目だけで見たとき、左目だけで見たときと比べてみて、指している位置がずれていませんか?

あなたは、どちらの目が両目で見た時と同じように見えましたか。

(おまけ)両目で見た時と同じように見えた目が、あなたの「優位眼」になります。優位眼は人それぞれ違います。視力の良い方が優位眼というわけではありません。

私たちの目

私たちの2つの目は、左右約5~6センチメートルはなれたところにあります。そのために、目の前にある「コップ」を見たとき、左目と右目では、それぞれ違う角度から見ています。
左目と右目で見た画像をまとめて、ひとつの立体に見せてくれるのが「脳のはたらき」です。

ページを移動