GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

富士通の取り組み1-グリーン・ポリシー・イノベーション

グリーンICTプロジェクト「Green Policy Innovation」ってなんだろう

直訳すると「環境・方針・改革」という意味です。富士通が持っている環境にやさしい技術や知識をお客様に使っていただき、お客様と社会の環境への負担を減らす環境プロジェクトです。具体的にはテーマが2つあります。

1つ目は「ICT環境負荷低減」で、簡単にいうと省エネ、コンパクトな製品の利用をしませんか、という提案、
2つ目は「ICT環境負荷低減」で、こちらはICTを活用して少しでもCO2排出量を減らしていこう、という提案です。

その結果、日本国内では2007年から2010の4年間で、CO2を累計約700万トン以上の削減を目標に掲げ、成果を上げてきました。(「700万トン」は、当社独自の算出方法で将来のCO2排出量を予測し、グリーン・ポリシー・イノベーションを進めることで削減できる数字です)
そして次に世界貢献するため、2009年から2012の4年間では、累計約1500万トン以上のCO2削減を目指します。

ページを移動