GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 事業内容(研究紹介) >
  3. Cyber-Physicalをつなぐ5G時代の情報通信マネジメント

Cyber-Physicalをつなぐ5G時代の情報通信マネジメント

実世界のあらゆるモノをデジタル化し、様々なアプリケーションと連携させることで、創造性と効率性を飛躍的に高めるCyber PhysicalSystem(CPS)の実現が求められています。つながるものを飛躍的に拡大し、CPSの実現を加速するためには、実世界とサイバー空間の界面領域が重要と捉え、「One Network」、「実世界仮想化」、「エッジコンピューティング」の3つのカテゴリの研究開発を推進しています。これにより、現場の多様なセンサーや機器から、自社・他社クラウド、オンプレミスまでを自在につなぐことを可能にします。

現場とICTを安全・確実・簡単につなげるOne Networkでは、これまでの数百倍である500億個に及ぶ大量のモノを高信頼かつ低消費電力でつなげる大容量5G無線通信技術と、世界最高速の光ネットワークを実用化するための研究開発を進めています。また、専門知識がなくても、様々な現場とICTの状況に合わせた接続を容易に可能とする仮想環境構築・制御・分析技術、現場での構築・運用を効率化する無線可視化・障害検知技術についての研究開発を行っています。さらに、企業間のデータ流通を円滑・安全に実現するために、ブロックチェーンを拡張したデータ流通ネットワーク技術Virtual Private digital eXchange(VPX)の開発を進め、世界初の実用化に取り組んでいます。

人やモノを業務アプリケーションから簡単に利用・制御できる実世界仮想化では、実世界の数百万規模の人やモノの状態とリアルタイムに同期した写像(デジタルツイン)をクラウド上に配備し、現場をAPI化することで、実世界の変化に素早く反応するサービスを簡単に開発実行できる実世界サービス基盤技術の研究開発を進めています。

現場のユーザエクスペリエンス(UX)/価値を高めるエッジコンピューティングでは、接続数やデータ量に応じてデータ管理や処理をエッジ上で最適実行する広域分散実行制御技術の研究開発に取り組んでいます。

現実世界をICTでエンパワーするCyber Physical Systemの実現に向け、人、モノ、サービスを安全かつ確実につなぎ、それぞれの状況に合わせて最適なサービスや情報提供を行い、ユーザエクスペリエンスを向上させる様々な技術について研究開発を推進しています。

関連記事

事業内容(研究紹介)に戻る