EvaCva-sustainable

最終更新日 2017年11月8日

概要

EvaCva-sustainableは、オープンデータを活用して、持続可能性の視点から地域の資本を見える化するツールです。

  1. 日本の省庁などから公開されている統計データを利用して算出した、全国の地域の豊かさを市区町村単位でグラフ化します。
  2. 表示する自治体は、日本全国1,742自治体の中から、複数選択できます。 (2014年4月1日時点の市区町村名)
  3. 自然資本、人的資本、人工資本とこれらからなる新国富、またおもな生態系サービス等を指標として、複数の指標を自由に選んで、偏差値のレーダーチャートやランキングなどを表示できます。
  4. 各グラフは、全国の自治体との比較と、人口規模が同程度の自治体内(類型内)で比較ができます。

EvaCva-sustainableの詳細につきましては、下記ホームページを公開していますので、そちらをご覧ください。 なお、下記ホームページは無償でお使いいただくことができます。

EvaCva-sustainableはWipo-Greenの枠組みを用いて、富士通研究所から九州大学に移管されました。
現在移設作業中です。大変申し訳ありませんが、九州大学での再公開まで、もうしばらくお待ち下さるように、宜しくお願い致します。

本コンテンツに関するお問い合わせ

EvaCvasustainableに関するお問い合わせは下記まで電子メールでお願いします。当社宛てに送信されたお客様の情報は、株式会社富士通研究所の個人情報保護ポリシーに基づき、適切に管理します。

株式会社富士通研究所
〒243-0197 神奈川県厚木市森の里若宮10-1
ページの先頭へ