GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. JSystemCoverage(結合テスト・総合テスト版)

JSystemCoverage(結合テスト・総合テスト版)

複数サーバ(プロセス)から構成されるJavaで開発されたシステム全体のプログラム動作状況を、ソースを修正することなく自動検出し、テストの状況を可視化するツールです。

単体テスト向け製品は「 JSystemCoverage for Unit Test 」をご覧ください。

概要

結合テスト・総合テストのカバレッジ情報を出力

テストの実行結果をカバレッジ情報として出力
  • カバレッジ情報から、テストの網羅性を定量的に確認できる

未テスト資産(パッケージ/クラス/メソッド/行)の自動検出

未テスト資産(パッケージ/クラス/メソッド/行)の自動検出
  • テストが不足しているプログラムの調査・発見にかかる時間とコストを節約
  • 不要資産(実際に使われていないプログラム)を効率的に判断し整理可能

修正資産(クラス、メソッド)の自動検出

修正資産(クラス、メソッド)の自動検出
  • 日々のテスト情報を履歴情報/履歴グラフとして出力
  • 変更プログラムを自動検出しカバレッジ率をメソッド単位でリセットし、アスタリスク(*)で明示
  • 修正資産に対する回帰テスト(RT)の状態を確認し、レベルダウンを防止できる
  • 履歴情報/履歴グラフからのタイムリーな情報把握により、テスト計画や方式などの見直しが可能 ※資産変更の判別方法に関する特許出願中

※記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

基本機能

トレーサー

  • Java仮想マシン(Java VM)上で動作するアプリを監視し、実行情報(実行箇所、実行回数等)を収集
  • 収集した実行情報をファイルに定期出力(複数時間を指定可能)

アナライザー

  • 実行情報をカバレッジレポート(HTML、CSVファイルに整形)として出力、表示(パッケージ/クラス/メソッド/行単位でのカバレッジ情報、修正メソッド一覧など)
  • システムが複数のサーバ(JavaVM)で構成されている場合、各サーバごとに出力された実行情報をマージ

環境設定ツール

  • 測定対象のクラス/メソッドを指定(絞り込み)

※記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

解析機能

HTML出力一覧

HTML出力一覧
  1. 解析結果レポート
  2. パッケージ情報
  3. クラス情報
  4. メソッド情報
  5. 行情報
  6. 履歴情報
  7. 履歴グラフ

1.解析結果レポート

解析結果レポート

カバレッジ結果の総括


2.パッケージ情報

パッケージ情報

パッケージごとのカバレッジ率


3.クラス情報

クラス情報

クラスごとのカバレッジ率


4.メソッド情報

メソッド情報

メソッドごとのカバレッジ率


5.行情報

行情報

注1 行カバレッジを取得している場合のみ表示
注2 Javaソースファイルも指定可能

  • 「行情報」:テストによって実行されたコード(行)と回数

6.履歴情報

履歴情報

「履歴情報」:
カバレッジ履歴(日時単位の網羅率)


7.履歴グラフ

履歴グラフ

「履歴情報」:
「履歴グラフ」:システム全体のカバレッジ率推移

資料

JSystemCoverageのご紹介資料をご利用になれます。

ご紹介資料

資料名 JSystemCoverage パンフレット (607 KB)
発行日 2018年1月
内容 JSystemCoverage 製品のパンフレットです。

資料名 JSystemCoverage ご紹介資料 (1.20 MB )
発行日 2017年10月
内容 JSystemCoverage 製品のご紹介資料です。
PowerPoint 形式の電子文書が必要な際には、別途お問い合わせください。

価格

価格表
製品名 価格(税抜)
JSystemCoverage 1,000,000円
サポートサービス(年間) 個別見積り

動作環境

Windows/Solaris/Linux系OS

Windows/Solaris/Linux系OS
動作OS Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
Windows Server 2008 SP2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Solaris 9 または10
Red Hat Enterprise Linux 4.6/5.3/6.2
CentOS 5
必須ソフトウェア Java 6/7/8
アプリケーションサーバ Interstage Application Server V10.1/V11.1
Apache Tomcat V6.x/V7.0/V8.0
Glass Fish V4.1
  • カバレッジレポート(HTML形式のファイル)を表示するために、Internet Explorerが必要です。
  • テスト対象プログラムは、Javaアプリケーション、サーブレット、アプレット* 、JavaServer Pages、Enterprise JavaBeansなどのJavaプログラムです。 (アプレットをテスト対象とする場合は、セキュリティに対する特別な設定が動作するマシンに対して必要です。)

※記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

製品に関するお問い合わせ

評価版を準備しています。担当までご連絡ください。

株式会社富士通九州システムズ(FJQS)
JSystemCoverage担当
icon-telephone 電話: 097-534-9439
icon-mail E-mail: fjqs-jsystemcoverage@cs.jp.fujitsu.com