樹脂射出成形解析ソフトウェア Autodesk Moldflow

プラスチック射出成形の
設計開発工程を最適化し、
製造上の欠陥を低減。
樹脂射出成形解析ソフトウェア Autodesk Moldflow

プラスチック製品製造業での課題をMoldflowが解決します

富士通九州システムズが提供するサービス

Autodesk Moldflow活用に向けたコンサルティングや受託解析など、お客様のニーズに合わせたサービスを経験豊富なメンバーが提供させていただきます。 また、貴社内メンバーへのトレーニングも実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

製品概要

設計者向けのMoldflow Adviser シリーズと専門者向けのMoldflow Insignt シリーズの2種類構成となっており、自動車メーカーや家電メーカーなど、様々な業界で世界中のユーザニーズに対応します。

Autodesk Moldflow Adviser(AMA)

CAEやプラスチック成形の専門知識が無くても簡単に使用できるソフトウェアです。

  • 簡単な操作性

    1万種類以上の樹脂データベース、自動ゲート位置解析、解析アドバイザ機能などを活用し、短時間でプラスチック製品の設計品質を評価することが可能です。

  • 解析結果に基づいたアドバイザー機能

    金型修正回数の削減によるコスト削減はもちろん、製品形状の最適化による生産効率の向上が可能です。

  • 2種類のパッケージ

    Premium製品単体での充填解析に対応
    Ultimate充填・保圧解析、金型冷却解析、反り解析、多数個取り・セット取り成形にも対応

Autodesk Moldflow Insignt(AMI)

Adviserシリーズの快適な操作はそのままに、製造段階での問題や射出成形過程に関する幅広い分野の問題に対して提供するハイエンド樹脂流動解析ソフトウェアです。

  • 高性能な解析

    高精度プラスチック製品精度に極めて重要な「冷却問題」、「反り問題」に対し、高い精度で解析可能です。

  • 豊富な解析テクノロジー

    「中立面メッシュ」、「Dual Domainメッシュ」、「3Dメッシュ」のテクノロジーを製品の特徴に合わせて使い分けることが可能です。

    中立面メッシュ薄肉の成形品形状を対象とした高実績のテクノロジー
    Dual DomainメッシュMoldflowが持つ特許技術。薄肉成形品の3次元モデルから、直接、解析できることが特徴
    3Dメッシュテトラメッシュを基調とした、厚肉成形品を対象としたテクノロジー
  • 3種類のパッケージ

    Standard充填・保圧解析、金型冷却解析、反り解析、繊維配向解析、コアシフト解析
    Premiumコンフォーマル冷却解析、成形条件幅解析、ヒート&クール解析、半導体封止成形解析
    Ultimate射出圧縮成形解析、圧縮成形解析、サンドイッチ成形解析、Mucell、ガスアシスト成形解析、複屈折解析

各製品の機能比較表はカタログ(PDF)でご確認ください。

機能

充填・保圧解析

樹脂流動解析は、充填・保圧・冷却工程の成形サイクルにおける樹脂の流動挙動を予測します。

充填パターンや圧力、温度、せん断応力などの解析結果を評価検討することにより、金型製作、試作成形前に成形不良の要因を抽出し、流動の観点から、製品・金型設計、成形条件の最適化を行うことができます。


金型冷却解析

金型冷却解析は、設計された型構造、冷却回路および冷却条件により達成される金型の冷却能力を予測し、金型表面温度や固化時間などの冷却効果を評価することができます。

製品の品質やサイクルタイムに影響を与える金型の冷却では、均一で効率的な冷却を実現することが、高品質製品を低コストで生産するために、不可欠な検討要因です。


反り解析

反り解析は、樹脂の流動挙動、及び、金型冷却挙動に基づき計算実行します。
製品形状(肉厚差)による要因、金型冷却差による要因、樹脂の分子配向、及び、ガラス繊維配向要因、それぞれの収縮要因に起因する反り変形量を予測します。


コアシフト解析

樹脂の流動圧による、インサート物や金型コアの変形を解析します。


コンフォーマル冷却解析

金属光造形等で製作される複雑形状の冷却管の計算に対応します。


ヒート&クール成形解析

成形サイクル内で金型を急速加熱・冷却することによる、ウエルドレス成形を検討することが可能です。


パラメトリックスタディ解析

複数の成形パラメータの影響を考慮し、成形条件幅を評価します。


半導体封止成形解析

熱硬化性樹脂によるトランスファー成形工程を考慮した計算に対応します。ワイヤーやパダルの変形を解析します。

よくある質問

製品について

    • STL、Parasolid、IGES、STEP、SATデータに加えて主要なCAD(Autodesk Inventer、CATIA V5、Creo、NX、SolidWorksなど)のファイルを直接インポートできます。
    • ここで意味する厚肉とは厚さに対して幅の比が「1:4未満」になるものを意味します。例えば厚さ3mm、幅9mmの場合は1:3となり、厚肉となります。
    • CADモデルの形状、大きさによって適切なサイズは変わりますが、Moldflowでは、自動メッシュ機能が用意されており、ソフトウェア側で適切なサイズを判断します。
      また、ユーザー側で設定したい場合は、AMAでは4段階の設定があり、AMIでは、ユーザー任意のサイズにてメッシュ生成可能です。
    • 解析精度に影響を与えます。CADモデルの精度が低いと、生成後のメッシュ品質も低くなるため、エラーによる計算不具合や解の精度が低くなる可能性がございます。
    • AMAでは対応しておりません。AMIではPIMやMIMなどの金属粉末射出成形には対応しております。

提供サービスについて

    • 各種トレーニングやテキスト販売など、お客様の目的に合わせたメニューをご準備しております。
      その他、Moldflow活用に向けたコンサルティングや受託解析など幅広いサービスをご用意しております。
 
 

資料ダウンロード

Autodesk Moldflow カタログ

  • 製品カタログ2019年版

お電話でのお問い合わせ

  • 株式会社 富士通九州システムズ
    エンジニアリングソリューション本部

    福岡:092-260-6229
    大阪:06-6920-5900
    東京:03-6424-9942

    受付時間:平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

                   

メールでのお問い合わせ

                     

Autodesk Moldflowに関する資料請求、お問合せ

ページの先頭へ