GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

Autodesk CFD


製品概要

Autodesk CFDは、従来、流体解析の専門家によって利用されてきたCFD(数値流体力学:Computational Fluid Dynamics)を一般の設計者でも簡単に利用できるよう、全く新規に開発された熱および流体の設計ツールです。
高いレベルの機能性と精度が使い易さとバランス良く組み合わされており、解析初心者でも目的に応じた解析を容易に実行することができます。既存製品の設計や、新規製品の設計改良、あるいは製品の挙動を把握したいと考える技術者に最適なソフトウェアです。
Autodesk CFDのグラフィカルユーザーインターフェースは、直感的に使用できるよう機能的に設計されてい ます。また、計算が実行されている間、ユーザーに解析の最新の状況を、「収束モニター」、および「ランタ イムディスプレイ」で表示します。つまり、解析結果を表示しながら、同時に解析を実行することが可能です。
また、Autodesk CFDのライセンスはプリポスト機能(解析設定・結果の可視化)とソルバー機能(計算実行)で分かれているため、バックグランウンドでは計算を実行したまま、新規解析の解析条件の設定や既存の解析結果の可視化を行うこともできます。
Autodesk CFDは、有限要素法をベースとしており、3次元CADデータとの効果的なデータ連携が実現されています。流体および伝熱の解析結果からおよび得られる荷重、温度、熱伝達率などを、3次元CADもしくは構造解析ソフトウェアの応力解析、熱応力解析などに利用することが可能です。
CFD-Analysis-image

解析実行中画面