GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

Autodesk CFD


特徴

3次元CADカーネルとダイレクト連携した解析

3次元CADカーネルと直接連携して解析モデルを作成します。従って、3次元設計で作成したソリッド形状を、そのまま使用して解析モデルを作成することが可能です。さらに、流体部分のモデルはAutodesk CFDが自動的に認識するので、流体部のモデル作成の必要はありません。解析モデル作成までの時間が劇的に短縮されます。

完全自動メッシュ設定

読み込んだ3次元CAD形状から完全に自動でメッシュを作成します。さらに、壁面近傍の流速から壁面要素サイズの最適化を行うため、圧力損失、熱伝達率の計算精度が大幅に向上します。

強力なポスト処理機能

Autodesk CFDには様々なポスト処理機能が用意されています。すべてのポスト処理の機能は、解析終了後 はもちろん、解析実行中でも使用することができます。

流体解析結果の構造解析への適用

流体解析の結果を構造解析に利用可能です。圧力分布をI-DEASやANSYS、Pro/Mechanicaなどの応力解析に使用、あるいは温度分布を熱応力解析の境界条件として利用可能です。

GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)

良く使用する解析機能に的を絞ったシンプルなインターフェースとなっています。

ランタイムディスプレイ

解析途中の結果を逐次表示しながら解析実施します。従って、解の収束状況などが容易に確認できます。

解析手法

解析手法として有限要素法を採用しており、Autodesk CFDで得られた荷重、温度、熱伝達率などの結果を他の熱伝導/熱応力、構造といった解析ソフトの入力条件に用いることができます。

投資効果

導入コストが小さく、短い学習期間で習熟が可能です。投資効果が最大限に発揮されます。