3DTascalX 3次元データハンドリングツール

3DTascalXシリーズは、見積・工法検討・データ変換・加工指示・検査など、ものづくりの製造過程を支える業界唯一の3Dデータハンドリングツールです。

製品コンセプト

3DTascalXのコンセプトは、「ビューワ以上CAD未満」。
最大の特徴は「Parasolid」で作られている、つまり、CADと同じソースでできているのでデータの受け渡し時の形状や寸法などの正確性が群を抜いています。
3DTascalXでは、3次元CADデータを形状確認しながら任意の位置から計測をしたり簡単に2次元図面化することができます。様々な3DCADデータの入出力が可能な高品質データ変換、副座標を利用し加工・検査でも使える高精度計測、手軽にできる3Dからの2D図面化、設計変更箇所・高さ・勾配・穴・アンダーカット色分けや投影面積、断面、表面積、質量、など多くの2次利用可能なデータ検証が可能になっています。
営業見積、検図、工法検討、データ変換、加工図面、検査、組織指示など、ものづくりの様々な工程で活用することで、自社の3Dデータを有効活用を促進する事ができます。

特長・主な機能

  • トランスレート性能
    CATIA,NX,Pro/E,SOLIDWORKSなど幅広いデータ形式に対応可能です。
    特にIGESからParasolidへのソリッド化変換率が非常に高いです。
  • 高精度測定
    内部データをCAD同様にソリッド(Parasolid)データで保持するため 最大1/100,000,000オーダの計測が可能です。
    3Dモデルの外形寸法や体積・質量・投影面積が算出が可能です。
    3Dモデルから、穴寸法を一括で算出し 穴の径や種類毎に色分けすることが可能です。更に、色分けした形状や寸法を出力も可能です。
  • 図面化
    3Dモデルから簡単に3面図や断面図の作成が可能です。
    3Dモデルを計測した寸法注記や色情報は直接図面に反映が可能です。
    自動車業界で幅広く使われている番線も作成が可能です。
  • 加工事前検証
    面上の穴を自動および手動で穴埋めが可能です。
    設計変更前と後の3Dモデルを比較し変更箇所の色分けが可能です。
    3Dモデルから(面直方向)での指定した肉厚箇所の色分けが可能です。
  • プレゼンテーション機能
    3Dモデルを直感的な操作で移動(組立て・バラし等)し、リアルタイムプレゼンテーションの作成が可能です。
    スケジュールの反転で簡単に組立て⇔バラしの変更が可能です。

取扱データ

3D標準I/F
INOUT
  • IGES
  • STEP
  • Parasolid
  • SOLIDWORKS
  • I-DEAS(IDI)
  • IGES
  • STEP
  • Parasolid
  • SOLIDWORKS
  • STL/VRML
  • 部品構成CSV
  • 要素情報CSV
  • 2DDXF
  • 2DDWG
  • bmp/jpg/avi
3DオプションI/F
INOUT
  • CATIA V5
  • CATIA V4
  • NX
  • Creo Parametric
  • CADCEUS
  • JT
  • ACIS
  • IGES
  • STEP
  • Parasolid
  • SOLIDWORKS
  • STL/VRML
  • CATIA V5
  • CATIA V4
  • ACIS
  • JT&3DPDF
  • 部品構成CSV
  • 要素情報CSV
  • 2DDXF
  • 2DDWG
  • bmp/jpg/avi

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ