GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. 業種 >
  4. ライフサイエンス(医薬品、製薬) >
  5. 新着情報>
  6. 九州地区MOEトレーニングコースご案内

九州地区MOEトレーニングコースのご案内

2017年9月吉日


お客様各位

株式会社 富士通九州システムズ
ライフイノベーション部

九州地区MOEトレーニングコースのご案内

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より、格別なるご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。
この度、統合計算化学システム 『MOE』のトレーニングコースを下記の通り開催致します。ご多用中とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

敬具

概要

  • 【日時】
  • コース名 日時
    基礎編 10月17日(火曜日)10時~17時
    タンパク質1,2(抜粋編) 10月18日(水曜日)10時~17時30分
    Structure-Based Drug Design(SBDD) 10月19日(木曜日)10時~17時
  • 【場所】
    株式会社富士通九州システムズ 本社
    福岡市博多区東比恵1-5-13
    東比恵ビジネスセンターII 2階大会議室A
    福岡地下鉄空港線 東比恵駅 1番出口より直結
    会場地図
  • 【定員】
    各コース10名様
  • 【内容】

    基礎編トレーニングコース

    MOEをこれからご使用になる方を対象に、基本操作と分子シミュレーションの基礎知識の習得を目的とするコースです。
    1 MOEの概要説明
    2 MOEの基本操作(分子/相互作用の表示、分子構築)
    3 分子シミュレーション基礎(分子力学法、配座解析)
    4 MOEデータベースの基本操作
    5 タンパク質の基本操作

    タンパク質1,2(抜粋編)トレーニングコース

    既に基本操作を習熟されている方で、タンパク質に関連した機能をご使用になる方を対象としたコースです。
    1 アミノ酸配列の基本操作・PDBデータの前処理
    2 単量体のホモロジーモデリング
    3 モデル構造の評価
    4 Induced Fitモデリング
    5 1残基変異体の構築と評価
    6 変異体解析(アラニンスキャニング他)
    7 ループ/リンカーモデリング
    8 GPCRモデリング

    Structure-Based Drug Design(SBDD)トレーニングコース

    既に基本操作を習熟されている方で、タンパク質のリガンド結合部位の解析やドッキングシミュレーションなどの機能をご使用になる方を対象に、SBDDの基礎知識と操作方法の習得を目的とするコースです。
    1 分子表面解析
    2 表面付近の特性の予測
    3 3D-RISM法による溶媒解析
    4 ドッキングシミュレーション
    5 PLIF/リガンド結合状態の解析
    6 MOE Project/Project Search
    7 複合体構造に基づくマニュアルでの分子設計
    ※基礎コース以外のその他コースを参加ご希望で、これまでMOEを使用されたことのない方は、あらかじめ基礎トレーニングコースにご参加下さい。

お申込み方法

参加希望の方は、以下の申込フォームよりお申込みください。
【申し込み先】
申込フォーム:MOEセミナー/トレーニングコースのお申込み

【お申し込みに関するご注意】

  1. 現在、ご契約中のユーザ様のみ無償にてお申し込み頂けます。
  2. メール受信後、受付可否のお返事をさせて頂きます。
  3. お申し込みは、1社2名様までとさせて頂きます。
  4. ご参加状況により、マシンは2名で1台とさせて頂く場合がございます。
  5. トレーニング当日の昼食は、ご用意致します。

お問合わせ先

株式会社富士通九州システムズ
ヘルスケアソリューション本部 ライフイノベーション部
担当:日尾、古賀、高橋
Tel:092-260-6230 Fax:092-411-6839
E-mail:fjqs-ccs@cs.jp.fujitsu.com