GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

延滞債権管理システム LONGS

機能一覧(オプションを含みます)

  1. データ連携
    • 顧客、債務者などの情報を管理する基幹システム、もしくは情報系システムから、延滞債権管理のための基礎データを受信
    • 受信した情報と、コール業務で得た情報を、あわせて管理可能。(住所など)
    • 債権単位での管理が可能
    • 日中のデータ受信、取込み
    • 正常債権の取込み(突然の受任通知などにも対応が可能)
    • 予め設定したスケジュールに基づき、管理情報を更新。(債権状態の遷移など)
    • 事業性債権の管理
  2. 本日の督促対象者自動抽出・連絡順序自動決定
    • データ連携処理と連動した当日の電話先の自動抽出
    • 事前に設定した抽出条件をもとにした電話先のグルーピング
    • オペレータの専門分野・習熟度合いに応じた電話先の振り分け
    • 約束不履行先、再電話予約先など、漏らしてはならない電話先の自動フォロー抽出
  3. オートコール
    • 電話連絡業務に必要な情報をストレスなく把握できるオートコール画面
      (効率の良いプレビューダイヤリング)
    • マークシート式の会話結果登録
      (高い操作性とオペレータの電話案内技術の平準化)
    • 会話録音、前回電話案内の聞きなおし
      (管理者、オペレータ間でのスムーズな情報連携)
    • 長文メモの記録
      (次回以降の電話案内への連携)
    • 不在、多忙などによる再電話の予約(時刻設定、自動表示)
    • 多彩な連絡先、前回連絡先の記憶、番号非通知などの多彩な機能
  4. 文書督促
    • 案内状、督促状を商品ごとにスケジュール設定でき、多様な運用を自動化可能
    • 文面は自由に設定可能
    • 商品ごとに複数の文面を作成、スケジューリング可能。(案内→督促(弱)→督促(強)など)
  5. 代弁支援
    • 自動スケジュールで工程管理を支援
    • 事故報告書、催告書、代弁請求書のひな型設定、作表、印刷などの管理業務を支援
    • e内容証明にも対応。また、差出業務の自動化機能を提供。差出通数が多いお客様では、大幅な事務コスト削減が可能
    • その他各種帳票を標準で搭載
    • 帳票は紙への印刷、EXCELでの出力が可能
    • 帳票出力は、自動化が可能
  6. 営業店連携
    • 営業店や本部他部門においても、全ての機能を利用可能。(オートコールは専用機材が別途必要です) そのため、情報の表示や属性更新、交渉記録だけでなく、代弁処理も行うことが可能
    • 債権ごとに管理部門(本部もしくは営業店)を選択でき、別々に管理することが可能
    • 本部と営業店で権限を分けて設定可能
    • 債権の回収計画、報告を本支店間で行うことが可能
  7. 他システムへの連携
    • 管理情報の抽出、他システムへの連携
    • サービサーへの基礎データ提供、交渉情報の受取り
  8. 音声情報の活用(Voice Tracking)
    • 会話内容を再生しながらコメント入力が可能
    • 会話内容から特定単語出現回数を分析
    • 必聴ポイントを「音のしおり」で即聴取話変換(早聴き、遅聴き)
  9. 実績管理
    • オペレータ別・日別・時間帯別・曜日別のコール実績管理
    • 情報入手実績管理
    • 任意の会話コードに連動した簡易帳票の作成、情報還元
  10. 業務運用支援
    • インバウンド(受け電話)対応
    • 電話案内業務進捗状況の集中管理
    • オペレータから管理者への電話・画面転送
  11. 電話先情報管理(顧客、債務者など)
    • 基幹システムから受け取った情報をさまざまな切り口で分析
      (電話案内業務の効率化に反映)
    • クレーマー・VIPの事前登録
      (トラブルの未然防止)
    • 支店・営業店など連携する他部門ごとの顧客特性分析
    • 自然入金を見越したスケジューリング設定
    • 管理情報のCSV出力
  12. 効果分析
    • 安価なOLAPツールを提供
    • Excelベースで簡単に統計、分析を実施
    • Voice Trackingによる音声分析
    • 会話量と記録内容の比較によるオペレータスキルの精査
    • ヒット状況の分析による電話先抽出機能へのフィードバック
  13. 他部門連携
    • 電話連絡が不明な先の調査依頼情報還元
    • LONGSのWeb機能を利用した他部門からの電話連絡
  14. セキュリティ・ウイルス対策
    • シンクライアント(ディスクレスPC)対応
    • なりすまし防止
    • オペレータの操作ログ収集・管理
    • きめ細かな権限設定、権限による画面表示が可能

LONGS 動作環境(金融)

DBサーバ、Webサーバ
 DBサーバ、Webサーバ
OS Windows Server® 2008~2012 R2
主なミドルウェア NetCOBOL® V10
SQL Server® 2008~2014
Live Help V13
 シンクライアント または クライアント
OS Windows® 7~8.1
主なミドルウェア Internet Explorer 6~11
(8~11は互換表示利用)
Net COBOL® V10
オプション増設機器 TELEPO

LONGS 動作環境(医療)

サーバ版
 サーバ版
サーバOS Windows Server® 2008~2012 R2
主なミドルウェア NetCOBOL® V10
Live Help V13
 シンクライアント または クライアント 及び PC版
PC OS Windows® 7~8.1
主なミドルウェア NetCOBOL® V10
オプション増設機器 TELEPO

LONGS 製品一覧

製品名 型番 製品概要
共通基本システム PCA020301 LONGS基本製品です。データ取込み、オートコールなどの基本機能を提供します。
5クライアントライセンスを含みます。
共同センター対応版
金融版オプション
PCA020302 金融機関共同センター様向け業種オプションです。代弁管理機能などの業務機能を提供します。また、複数金融機関の管理を可能とします。
(LONGSX Web)
金融標準
オプション
PCA020303 金融機関様向け業種オプションです。代弁管理機能などの業務機能を提供します。
(LONGS7 Web/LONGS7 C/S)
共通営業店版
オプション
PCA020304 営業店向けライセンス。50ライセンス、及びプロセッサライセンスをご用意します。
共通各業種
オプション
PCA020305 各業種/業務向けに様々な個別オプション機能を提供します。
(医療機関様向け業種オプション、テレマーケティング機能、統計/分析機能、RS統合DB連携機能、JASTEM連携機能、事業性商品取込み機能、汎用コール機能など)
共通会話
録音再生
オプション
PCA020306 会話データの録音、再生機能を提供します。
LONGS/TELEPO-3 TELEPO-3-Z 自動ダイヤリング装置TELEPOシリーズの最新型です。端末にUSB接続することで、オートコール業務が可能です。(TELEPO利用の場合、専用交換機は不要です)
LONGSヘッドセット・
ヘッドセットケーブル *1
HBA-HW251
HBA-U10-PS
LONGS/TELEPOとの接続検証済みヘッドセットを提供します。
*1TELEPO各シリーズによりメーカー及び製品が異なります。(左記型番はプラントロニクス製)
LONGS/TELEPO
保守サービス *2
SIF00001
SIF1036 *2
提供パッケージ保守、ハード保守です。
*2 対象製品により保守サービス名、型番、保守仕様が異なります。
 

LONGSに関するお問い合わせ先

株式会社 富士通九州システムズ
LONGS(ロングス)サポートデスク
tel 電話:092-260-6242(直通)
資料請求・お問い合わせフォームへ