食・農クラウド Akisai
施設園芸SaaS・施設環境制御box

クラウドに蓄積された様々なデータを利活用することにより、
質の高い農作物を安定供給することができます。

温室内の見える化・設備の自動化を実現

安心で、柔軟なサービスを

ユビキタス環境制御システム(UECS)に準拠しています。

日本発の施設園芸/植物工場向け情報基盤であるユビキタス環境制御システム(UECS)に準拠しています。

UECS(ユビキタス環境制御システム:Ubiquitous Environment Control System )とは
植物生産の新たな情報化標準としてUECS研究会によって規格化された国内で唯一の施設園芸標準通信規格。 従来の集中管理型に比べ、低い導入コスト、設置の容易さ、メンテナンス性の良さで優れています。

様々な施設園芸生産者への適用が可能です

小規模~大規模など問わず、柔軟にサービスを適用いただけます。

栽培テンプレートで長期間の制御設定パターンを管理、運用いただけます

栽培テンプレートとは
定植~栽培完了に至るまでの、環境制御パターンをデータ化する機能です。
作物・栽培方式・温室環境に適応した、時期・時間帯毎・制御要素ごとの栽培テンプレートを作成し、切り替えながら利用することで、時期ごとのパラメータ設定の手間を省くことができます。
また、保存したパターンは、栽培環境制御マニュアルとしても活用可能です。

温室を制御する情報基盤として、「施設環境制御box」を提供します

温度・湿度・日射量・CO2といった各種センサを接続することができ、暖房機や換気扇、窓やカーテンの開閉などを制御することができます。
施設環境制御boxは、UECS通信規格V1.0-E10に準拠していますので、この規格に準拠した他社製のアプリケーションでも環境の計測や制御が可能です。

導入効果

総収穫量は前年比約30%増 (イチゴ生産者 様)

  • 環境計測により、これまで個人の感覚で捉えていたことが、データで具体的に示せた。
  • さらに年度比較により次作の方針作成が数字で具体的にできた。
  • その結果を環境制御のパラメータに反映して制御を実践した。
  • 結果、総収穫量は前年比約30%増となった。

※効果は、導入環境により異なります。

機能

施設園芸SaaS システムイメージ図

モニタリング

  • 温室の温度・湿度といった環境情報や、機器の制御状態などをリアルタイムに把握
  • 複数の温室の状態を1画面で監視
  • スマートフォン、タブレットなどを利用して遠隔地からでも確認可能
  • 温室の異常を検知した場合はメールにてアラート通知を実施

センシング

  • 環境データ(温度、湿度、日射量等)をリアルタイムに収集
  • 蓄積したセンシングデータをグラフや表で分析

コントロール

  • 時刻や温室環境を条件に温室の装置(窓、冷暖房など)を自動で制御
  • インターネットを介して温室の装置をどこからでも遠隔操作

クラウド

  • 温室環境などの各種データはデータセンターで安全に管理

モニタリング

温室の温度・湿度等の環境情報や、機器の制御状態などをリアルタイムに把握

温室内外で計測している環境情報および制御している装置の最新稼働状況を表示します。

環境モニタリング画面例

複数の温室の状態を1画面で監視

複数の温室の状態を1画面で監視できます。温室の状態を一覧化することで、効率的な監視業務に利用できます。

スマートフォン、タブレットなどを利用して遠隔地からでも確認可能

スマートフォンでも閲覧しやすい表示画面を用意しています。

スマートフォン確認画面例

温室の異常を検知した場合はメールにてアラート通知を実施

アラート通知設定画面

センシング

環境データ(温度、湿度、日射量等)をリアルタイムに収集

温室に設置したセンサーが計測する温度、湿度、日射量等の環境データを確認できます。

蓄積したセンシングデータをグラフや表で分析

制御設定の情報、温室環境の情報、機器制御の状態など複数の情報を、期間指定や定植日といった基準日指定など様々な条件で重ね合わせて確認が出来ます。

蓄積データ参照画面例

2つの温室の環境情報を時系列で比較することができます。これにより、温室間の栽培条件の違いを視覚的に見つけることが可能です。

温室間の環境データ比較

コントロール

時刻や温室環境を条件に温室の装置(窓、冷暖房など)を自動で制御

予め設定した条件により単一の装置を自動制御することができます。 『複合制御オプション』を追加することで、複数の装置を複合的に細かく制御することが可能です。


インターネットを介して温室の装置をどこからでも遠隔操作

温室内の機器をリモートコントロール可能です。PCだけでなく、スマートフォンやタブレットからの操作も可能です。

施設園芸SaaSに関する資料請求、お問合せ

ページの先頭へ