農業

施設園芸、牛の繁殖支援など、クラウドサービス型のソリューションを中核としたサービスで、ICTを活用した豊かな食の未来作りに貢献いたします。

「共創」により実現する未来の農業

食は、私たちの生活になくてはならない大切なもの。そしてそれを生み出す産業が農業です。

しかし、日本の農業を取り巻く環境は、厳しい状況が続いています。農業従事者の高齢化と担い手不足、耕作放棄地の増加、農産物輸入増加、食料自給率低下など、解決すべき問題は多岐に渡ります。

日本の農業を活性化させるには、農作物の品質・収量の向上、効率化、ブランド化、販路拡大など、様々な課題に取り組む必要があります。

富士通は、日本の農業の活性化、そして豊かな食の未来のために、ICTの力で貢献いたします。

製品・サービス

施設園芸SaaS

生産プロセスの見える化や温室の遠隔監視、装置の遠隔制御が可能

クラウドに蓄積された様々なデータを利活用することにより、農業生産者は、温室環境の見える化、温室の遠隔監視、装置の遠隔制御が可能となり、質の高い農作物を安定供給することができます。

牛歩® SaaS

クラウドで繁殖牛の発情兆候を監視し、牛の繁殖情報をデータ化

牛の行動特性を利用して、歩数情報の推移から発情兆候を検知し、高い受胎率の繁殖を支援するサービスです。

発情見逃しによる機会損失の激減および効率的な農家経営を支援します。

牛歩SaaS 導入事例

牛歩SaaSをご導入いただいたお客様の導入の背景や導入効果などをご紹介します。

発情管理の実現で、所得増加や監視時間の短縮に効果があり、繁殖管理の作業負荷軽減につながっています。
2か所で発情監視する共有環境を構築したり、他社比較の実証実験など、多岐にわたる事例もあります。

ページの先頭へ