GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

クラウド利用監視サービス(MVISION Cloud サービス)

クラウド利用が加速的に進む今、メール/ストレージ等のクラウドサービス利用に関する管理が企業統治における重要課題として認識され始めています。
本サービスは、クラウドサービスを安全に利用するための仕組みを、一連で提供するサービスです。

サービス概要

クラウド利用監視サービス(Skyhighサービス)

サービスの特徴/効果

本サービスは、CASB(注1)分野のリーダーであるMcAfee社のサービス(注2)に、当社でこれまで蓄積してきたセキュリティ運用経験やノウハウを基にしたサポートを組み合わせたサービスです。
クラウドサービス利用の管理・統制に課題をお持ちのお客様において、以下の効果を得ることができます。

  • クラウド利用のリスク評価・可視化
    社内のクラウドサービス利用状況を可視化し、リスクのあるサービスを特定することによりリスク評価を行うことができます。
  • クラウド利用のスキーム策定
    クラウドサービスの利用可否、利用機能、範囲等の利用基準を整備し、運用スキームを構築することができます。
  • スキームに基づく適切な運用
    利用状況の監視や定期分析を行い、利用基準に基づいた適切な運用の定着につなげることができます。
  • 許可サービスの利用強化
    特定のクラウドサービス(Box、Office365など)に対して、利用制限やデータ保護機能によりセキュリティを強化することができます。

用語説明

注1 CASB:
Cloud Access Security Brokerの略。複数のクラウドサービスに対して、セキュリティポリシーの適用やクラウドアクセスログ分析、アクセスコントロールを実現する仕組み。
注2 McAfee社MVISION Cloudサービス:
  • MVISION Cloud for Shadow IT
    クラウドサービスのリスク評価や、クラウドサービスの利用状況を可視化するサービス
  • MVISION Cloud for Sanctioned IT
    特定のクラウドサービス(Box、Office365など)に対して、利用制限やデータ保護機能によりセキュリティを強化するサービス

他のセキュリティ監視サービス

セキュリティソリューションに関するお問い合わせ先

株式会社 富士通九州システムズ
セキュリティソリューション担当
tel 電話:03-6424-9928(東京オフィス)
tel 電話:097-534-8119(大分事業所)

ボタン