GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. ビジネス&テクノロジーソリューション>
  4. 「SAP BusinessObjects徹底活用セミナー」開催のご案内

「SAP BusinessObjects徹底活用セミナー」開催のご案内

2017年10月吉日


お客様各位

富士通株式会社
株式会社 富士通九州システムズ

拝啓
時下益々ご清栄のことと御慶び申し上げます。
このたび、SAP BusinessObjectsを新機能・最新トピックスをご紹介するセミナーを開催させて頂く運びとなりました。

  • 最新バージョンの機能強化内容(シンプルで使いやすくなった操作画面、新ダッシュボードLumira2.0など)
  • XI3.1など旧バージョンから最新バージョンへのスムーズな資産移行
  • 運用効率化の新機能(レポート・ユニバース一覧の作成など)や事例
  • 今、話題の機械学習による予測分析事例

セミナー後には個別ご相談会も行いますので、ご多用中恐縮でございますが、是非、今ご参加賜りますようご案内申し上げます。

敬具

開催概要

受講をお勧めする方

  • 新しくBI(ビジネス インテリジェンス)ツールの導入をご検討中の方
  • SAP BusinessObjectsをもっと社内に浸透させたいと考えられている方
  • SAP BusinessObjectsを新バージョンへ移行することをご検討中の方
  • SAP BusinessObjectsの運用効率化に興味がある方
  • SAP BusinessObjectsの新機能にご興味がある方

セミナー内容

1.SAP BusinessObjects製品の最新動向と新バージョンのご紹介(株式会社富士通九州システムズ)

SAP BusinessObjectsのロードマップから将来の製品価値をご説明し、最新バージョンにおける新規機能および製品構成およびその活用例をご紹介します。新しいユーザインタフェースFioriやLumira2.0については画面操作デモもご紹介します。

2.最新バージョンへのスムーズな資産移行 (株式会社富士通九州システムズ)

XI3.1などの旧バージョンをご利用されており、既存資産を有効活用しながら最新バージョンへ資産移行するポイントについてご紹介します。また、ライセンスの移行方法についてもご説明します。

3.SAP BusinessObjectsの運用の効率化のポイントのご紹介 (株式会社富士通九州システムズ)

最新バージョンでは、レポートやユニバースの一覧作成などの運用時に便利な機能が追加されました。また、APIを使った効率化ツールを利用される事例も増えており、運用効率化のポイントをご紹介します。

4.機械学習による予測分析(Predictive Analytics)の適用事例ご紹介(SAPジャパン株式会社)

過去データの分析にとどまらず、今後発生するデータを予測し業務に活用する企業が増えています。データサイエンティストを必要としないSAP BusinessObjectsの予測分析の特徴と適用事例に基づいた効果的な活用方法をご紹介します。

5.個別相談会

セミナーの内容を問わず、お気軽にお問い合せください。 皆様のお悩みごと、ご質問などに直接個別にお答えします。

お申込方法

参加希望の方は以下のWebフォームよりお申し込み下さい。
Webフォーム:SAP BusinessObjects徹底活用セミナーお申し込み

お申込期限

第一回:【東京開催】2017年11月2日(木)
第二回:【大阪開催】2017年11月17日(金)
【お申し込みに関するご注意】

  • 定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
  • 本セミナーはお客様向けのため、同業他社様およびその代理店の方のご参加はお断りさせていただきます。
  • 個人情報保護に関する詳細については下記をご覧下さい。
    http://www.fujitsu.com/jp/group/kyushu/privacy/

お問い合わせ先

富士通BusinessObjectsサポートセンター
TEL:03-5703-7035(平日9:00~17:00)
E-mail:fjqs-bo@cs.jp.fujitsu.com