AIレコメンドツール AI-Reco アイレコ

“レコメンド“ と “予測“ でマネージャーの判断材料をAI-Recoアイレコがお知らせします

特長

POINT1

マネージャーの分析時間が不要となります

問題発見や施策立案のための「問題解決」「現状把握」「将来分析」のニーズは高いものの、現場の管理業務に携わるマネージャーは多忙で、それに割く時間が限られています。 これまでのマネージャーは、自分で問題点を「探す」(=分析する手間)がありました。
AI-Recoアイレコでは、毎日変化するデータの問題点をAI-Recoアイレコがマネージャーに代わって探し、通知するため、マネージャーの分析時間が不要となります。

POINT2

迅速な意思決定が可能になります

AI-Recoアイレコは、アラーム値を利用者自身で設定し(=しきい値の設定)、問題が発生したら自動通知するため、結論から先に知ることができ、問題に気付くまでの時間を従来より短縮します。

POINT3

毎日Webブラウザを見るだけで、問題点がわかります

従来のBIパッケージの操作は難しく、思うように活用できていない利用者が少なくありません。
AI-Recoアイレコでは、日々のデータの良しあしが一覧で表示され、マネージャーは、毎日Webブラウザを見るだけで問題点を知ることができます。

POINT4

データの様々な状態時にお知らせします

AI技術と予測機能を使うことで、データが以下のような状態になった時に自動で検知し、お知らせします。

データのどこかに問題が生じた時

通常は変動しないデータに変動があった場合、あるいは逆に変動するはずのデータが変動しない場合にお知らせします。

レコメンドの仕組み(イメージ図)

予測と違う動きがあった時

予測機能の結果を活用し、通常の動きと異なるデータを検知し、お知らせします。

レコメンドの仕組み(イメージ図)

しきい値を超えた時

実績、予測ともに、あらかじめ利用者が設定した値(=しきい値)を超えた時、お知らせします。

レコメンドの仕組み(イメージ図)

※予測機能より表示した予測結果は、過去の実績データを元に傾向や、周期性を予測エンジンが自動判定し、時系列予測したものです。
実際の業績は、リスクや不確実な要因により、予測結果と異なる結果となる場合があります。予測結果はあくまでも、お客様の判断材料の一つとお考え下さい。

POINT5

AI技術と予測機能で、将来の傾向をつかみます

将来のデータの動きを予測し、帳票作成/グラフ化も行います。
AI-Recoアイレコは、AI技術と予測機能で、「正確」「スピーディ」な意思決定が実現可能となり、施策立案業務を強力にサポートいたします。

AI-Recoでこのように変わります

真逆のアプローチのBIツール

紹介動画

AI-Reco ご紹介動画 ダイジェスト版

AIレコメンドツール AI-Reco(アイレコ)のご紹介動画のダイジェスト版です。

AI-Reco 操作デモ動画

動作環境

OSMicrosoft Windows Server 2016
ミドルウェア要件Interstage Application Server(V12)
クライアントMicrosoft Windows 7/8.1/10 が動作するPC/AT互換機
ブラウザMicrosoft Internet Explorer 11

お問い合わせ

ページの先頭へ