映像行動解析ソフトウェア TrackingEye(トラッキングアイ)

行動解析により
労働生産性を高めたり、
常時監視の人為ミスを防止。
TrackingEyeなら、
比較的安価に導入可能です。
Imagepower TrackingEye

こんな悩みを解決します!

課題①課題①
解決①解決①
工場作業員の動きのムダ・ムラ・ムリを低減したい動きを見える化し、解析することで生産性を飛躍的に向上
課題②課題②
解決②解決②
24時間・365日必要となる監視業務の作業軽減や見逃し防止を徹底したい画像認識で外部からの侵入を抜け目なく検知し、データとして保存

製品概要

TrackingEyeはカメラで録画した人やモノ、動物などの動きを認識し、数・滞留時間・軌跡をデータとして蓄積することで『見える化』をサポートします。録画の解析に加え、リアルタイム映像の解析も可能。カスタマイズにも対応しています。

製品概要

主な機能

①動体カウント

①動体カウント

映像上の任意の場所にラインを設定し、通過した動体の数を計測します。

②滞留時間計測

②滞留時間計測

映像上の任意の場所に領域を設定し、動体が留まった時間を計測します。

③軌跡表示

③軌跡表示

映像上で設定したエリア内での動体の移動座標を記録し、移動軌跡を表示します。

④軌跡画像出力

④軌跡画像出力

移動の軌跡を一定間隔で蓄積し、10分間隔(最大60分間隔)で画像出力できます。

⑤検知アラート

⑤検知アラート

設定条件に合わせて、画面点滅やメッセージ表示、警告音など様々なアラートを通知します。

⑥記録

⑥記録

取得したカメラ映像を動画(WMV形式)または静止画(BMP形式)として保存できます。

幅広い活用シーン

工場作業の生産性向上

工場・物流倉庫において、特定エリアでの作業員の滞留時間や動線を分析することが可能。収集した情報を数値やグラフで可視化し、作業の整流化による生産性向上が図れると共に、改善前後での生産性の変化を定量的・視覚的に確認できます。

工場作業の生産性向上

常時監視の人為ミス防止

リアルタイム解析のライン通過検知やエリア内での滞留時間検知を活用し、監視業務の負担を軽減。検知時はメッセージ表示、画面点滅、警告音で通知でき、監視員の見逃し防止を支援します。映像の録画、静止画保存でエビデンス(証跡)としても利用可能です。

常時監視の人為ミス防止

導入をご検討の方へ

無料体験版

お知らせ

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ