JSystemCoverage

テスト品質の向上で、
信頼性向上を強力に支援。
JSystemCoverage

JSystemCoverageとは

Javaアプリケーションの開発における重要なテスト工程に、「JSystemCoverage」を導入することで、開発作業の効率化・品質向上が可能です。
状況を “見える化”(数値化)することで分析がしやすく、テスト不足・テスト漏れを効果的に発見できます。テスト品質の向上で、信頼性向上を強力に支援します。

特長と製品比較

JSystemCoverage

  • パッケージ、クラス、メソッド、行単位のカバレッジレポートをHTML/CSVで出力
  • 日々のテスト情報を履歴情報/履歴グラフとして出力

JSystemCoverage for Unit Test

  • 未テスト行を表示
  • 未テスト分岐一覧を表示
  • Eclipseビューと同じ情報を、HTML/CSVとして出力

テスト工程の流れを変えない

テスト担当者の作業の流れは変えずに導入可能です。
テスト中、プログラムの動作情報は自動的に収集されるため、ツールを意識する必要はありません。

JSystemCoverage

  • テスト対象プログラム(jar,class...)があれば、ソースコードや再コンパイル不要
  • JavaVM起動時にオプションに指定するだけで、簡単に情報収集が可能
  • 小規模から大規模なシステムまで、広い範囲で適応可能
    複数サーバに分散した環境の情報も、簡単にマージ可能

JSystemCoverage for Unit Test

  • Eclipse上でのテスト実行により、カバレッジを自動収集

設定が容易だからすぐに使える

インストールや操作の習得が容易なため、導入コストがかからず運用を開始できます。

JSystemCoverage

  1. カバレッジ計測コンポーネント「トレーサー」をサーバに配置してテストを開始
  2. トレーサーは、収集したプログラムの動作環境を蓄積、ファイルに定期出力
  3. カバレッジ解析コンポーネント「アナライザー」を使って、トレーサーが出力したファイルを解析、レポートを出力

JSystemCoverage for Unit Test

  • Eclipseにプラグインして、単体テストを開始

製品のご紹介

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

 
ページの先頭へ