DBソリューション

昨今、オープンソースデータベース(OSS-DB)の信頼性、品質向上に伴い、運用コストが高い商用データベースからの移行を検討されるお客様が増えています。しかしながら、商用データベースとオープンソースデータベース(OSS-DB)を適材適所で使い分け、正しく運用しなければ、十分な効果を発揮することはできません。

当ソリューションは、データベース製品固有の知識と移行スキル・ノウハウを持ったエキスパート(以下、データベースエキスパート)が、データベースを有効に活用するためのステップとし、アセスメント、データベース設計/環境構築、データ移行、セキュリティ対策、アプリケーション移行までをDBソリューションとしてトータルにご提供します。

メニュー体系

今、話題のOSSであるPostgresや、MySQL、SQLServer、Oracleを中心としたデータベース、インフラの課題解決ソリューションを提供しています。

  • DB(監査ツール)設計・構築サービス
    DBの性能や可用性向上を行うためには、それぞれのデータベース製品固有の設計が必要となります。また昨今、企業のセキュリティに対する社会的責任が年々高まり、数多くの法規制要件に対処しつつ、不正アクセスや情報漏洩、さらには内部統制にも対応した企業内データのセキュリティ対策が必須となっています。我々は様々なDBの設計・構築ノウハウを基に、データベースを導入し、セキュリティポリシーを考慮したDB監査を実現可能にします。
  • アプリケーション移行サービス
    商用データベースからオープンソースデータベース(OSS-DB)への移行の際、大きな障壁となるのは、移行前/後の両データベース製品の仕様に関するスキル・ノウハウ不足から生じるコスト超過リスクです。当サービスでは、データベース製品固有の知識と移行スキル・ノウハウを持ったエキスパートが現在ご利用中のOracleからSymfoware/FEPへの移行に伴う、アプリケーション移行について、資産評価(アセンメント)から本稼動までトータルにサポートします。
  • データ移行ソリューション
    システム更改における現行システムから新システムへの移行の際、最大の難関はデータ移行だと言われています。移行計画の策定に始まり、対象データの選定、方式設計、移行テスト、移行リハーサル、本番移行といったプロセスの中に数多くの作業が存在します。データ移行は、要件が多くなりがちであるにも関わらず、十分な費用やスケジュールが考慮されていないケースも多々見受けられます。当ソリューションでは、情報システム担当者様向けに、システム更改やクラウド上へのシステム移行をご検討されているお客様を対象に、計画の策定段階からデータ移行に関わる業務をITサービスとしてトータルに支援します。

DB(監査ツール)設計・構築サービス

サービス概要

データベースの知識を持ったエキスパートが各種データベースの設計、構築や、PCI DSS(注1)に準拠したデータベース監査ツール導入を、安全・確実に行います。

  • 注1
    クレジットカード業界のセキュリティ基準。国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、MasterCard、VISA)が共同で設立。

サービスイメージ

サービスメニュー・価格

データベース設計・構築サービス
基本メニュー
名称料金用途・特徴
データベース構築80万円~・データベースの設計(パラメータ設計)、構築、単体テストを行います。
データベース設計・構築サービス
オプション
名称料金用途・特徴
データベース方式設計90万円~・お客様要件(要件定義書)を元に方式設計を行います。

※1 データベース構築には、基本、テーブル作成は含みません。
※2 データベース方式設計は、記載レベル、検討項目数により費用が変わります。

データベース監査ツール導入サービス
基本メニュー
名称料金用途・特徴
データベース監査ツール導入180万円~・データベース監査ツールPISOの設計(パラメータ設計)、構築、単体テストを行います。
データベース監査ツール導入サービス
オプション
名称料金用途・特徴
監査運用設計90万円~・PCI DSS対応などを目的としたデータベース監査ツールPISOの運用設計を行います。

※1 PISOのライセンスについては別途購入が必要となります。

対応データベース

データベース設計・構築サービス
Fujitsu Enterprise Postgres
PostgreSQL
MySQL
MariaDB
Microsoft SQL Server
Oracle
MongoDB
データベース監査ツール導入サービス
Fujitsu Enterprise Postgres
PostgreSQL
MySQL
MariaDB
Microsoft SQL Server
Oracle

アプリケーション移行サービス

サービス概要

Oracleで稼働している業務システムのコストダウン対策として、Postgresにデータベースを変更する際に必要となるアプリケーション移行を支援するサービスです。他サービスを組み合わせて、DBマイグレーション(アプリケーション移行サービス、データ移行ソリューション、DB設計・構築サービス)を一括で支援することも可能です。

サービスイメージ

サービスメニュー・価格

アプリケーション移行サービス
基本メニュー
名称料金用途・特徴
移行アセスメント無償・ご利用中のデータベースの資産情報を基に移行工数を算出し、概算費用をお見積りします。
アプリケーション移行80万円~・アプリケーションが使用しているSQLの書き換えを実施します。
・単体テスト(ビルドエラーが発生しないことを確認)を実施します。
データベース定義移行50万円~・PL/SQLで記述されたストアドプログラム、データベース定義の書き換えを実施します。
・単体テスト(ビルドエラーが発生しないことを確認)を実施します。

※1 本サービスの適用は、移行アセスメントが必須となります。
※2 データベース定義移行は、Oracle、OSS Postgresのみ対象となります。
※3 アプリケーション移行の納品物は、以下となります。
 ・変換定義仕様書
 ・変換済みアプリケーション
※4 データベース定義移行の納品物は、以下となります。
 ・変換定義仕様書
 ・変換済みデータベース定義

アプリケーション移行サービス
オプション
名称料金用途・特徴
リグレッションテスト50万円~・お客様からテストデータ、テスト手順書をご提供いただき、置き換えたアプリケーションの結合テストを実施します。
移行アプリサポート1件あたり 2万円~・書き換えたアプリケーションに対するQ&Aサポートを実施します。
データベース定義移行50万円~・PL/SQLで記述されたストアドプログラム、データベース定義の書き換えを実施します。
・単体テスト(ビルドエラーが発生しないことを確認)を実施します。

※1 リグレッションテストの納品物は、以下となります。
 ・リグレッションテスト仕様書
※2 移行アプリサポートの納品物は、以下となります。
 ・QA対応一覧表

対応データベース

アプリケーション移行サービス
Oracle

※1 対応可能なデータベースについては随時更新されるため、お問い合わせください。

データ移行ソリューション

サービス概要

システム更改時に必要となる旧システムから新システムへの業務データの移行や、オンプレミスからクラウドへのシステム移行時の業務停止時間をできる限り短くするためのソリューションを提供します。移行ツールの選定からリハーサル、本番移行を含めた移行計画を策定し、安全かつ安心なデータ移行を行います。

  • 計画策定から本移行まで一貫したサポートを実施
    要件ヒアリングからデータ移行計画書の作成、移行方式の設計、移行テスト、リハーサル、本移行、移行データの正当性確認などの業務を一貫してサポートします。
  • 業務停止時間の大幅短縮
    システム切替前に全データの一括転送を行い、システム切替日まで常に同期し続けます。システム切替当日は、最終データのみ反映することで、業務停止時間を大幅に短縮します。また、この同期された最新データは、新システムに移行される各種業務アプリケーションの 開発用テストデータとして利用することも可能です。
  • 現行データベースへの低負荷
    「Attunity Replicate」は、現行データベースにソフトウェアやエージェントをインストールの必要がなく、中間にサーバ(中継サーバ)を置いて処理が可能であるため、現行データベースへの移行作業で発生する負荷を低減することが可能です。また各種クラウド上でも利用可能です。
  • 移行データの正当性確認
    データ移行リハーサルおよび本番移行後は、データベースエキスパートによる一般的に行われる正当性確認(テーブル件数の一致確認、レコード件数の一致確認)のみならず、個々のデータを比較いたします。個々のデータを比較することで、移行データの正当性をより確実にチェックし、安全性を担保します。

サービスイメージ

短時間のサービス停止による確実なデータ移行をサポート

サービスメニュー・価格

データ移行ソリューション
基本メニュー
名称料金用途・特徴
データ移行アセスメント30万円・ご利用中のデータベースに対し、チェックスクリプトを実施します。
・データ移行要件をヒアリングし、概算費用をお見積りします。
データ移行700万円~・データ移行ツール(Attunity Replicate)によりデータ移行を行います。
・移行するデータ量への依存が少なく、システムの停止時間がスタンダードデータ移行の約半分~1/10で可能になります。

※1 本サービスの適用は、移行アセスメントが必須となります。
※2 設計/構築/テストの納品物は、以下となります。
 ・データ移行計画書
 ・データ移行テスト結果報告書
※3 データ移行リハーサルの納品物は、以下となります。
 ・データ移行リハーサル結果報告書
※4 データ本移行の納品物は、以下となります。
 ・データ移行結果報告書
※5 別途、移行ツール(Attunity)のライセンス費用がかかります。

当ソリューションをご利用の場合、以下の製品や環境を事前にご用意していただく必要があります。

  • 「Attunity Replicate」
  • 中継サーバ(「Attunity Replicate」の動作用サーバ)
  • サーバOS
    • Windows Server 2008 R2 (64-bit)
    • Windows Server 2012 (64-bit)
    • Windows Server 2012 R2 (64-bit)
    • Windows Server 2016 (64-bit)

また、中継サーバは移行期間のみ必要となるため、弊社で用意することも可能です。(別途費用が必要)

データ移行ソリューション
オプション
名称料金用途・特徴
運用支援1件あたり 2万円~・本移行後の問い合わせに対するQ&Aサポートを実施します。

※1 運用支援の納品物は、以下となります。
 ・QA対応一覧表

対応データベース

現行システム(移行元)データベース
OraclePostgreSQLMySQL
Microsoft SQL ServerMariaDBDB2
SAP Sybase ASEHadoopAmazon RDS
新システム(移行先)データベース
OraclePostgreSQLMySQL
Microsoft SQL ServerMariaDBTeradata
MicrosoftAzureDB2SAP Sybase ASE
SAP HANAHadoopAmazon RDS
Amazon Redshift

※1 対応可能なデータベースについては随時更新されるため、お問い合わせください。

お問い合わせ

DBソリューションに関するお問い合わせ

ページの先頭へ