NENKIN-DC/人事
ご利用中のお客様向けサポート情報

サポートセンターでは、NENKIN-DC/人事の販売/導入に関わるSA/SE様をサポートします。
また、サポートサービスのご契約をいただいたお客様を直接サポートします。

お知らせ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

  • 2017年2月27日
    • 「NENKIN-DC/人事システム V01 32bit版」販売停止及び保守終了時期について
      2005年よりご提供させて頂いてきた「NENKIN-DC/人事システムV01 32bit版」の販売を2017年3月末で停止いたします。

    • NENKIN-DC/人事システム V01 32bit版:2017年3月31日販売停止

      (販売停止理由)

      • 動作OSのWindows Server 2008の販売が停止していること
      • 後継製品「NENKIN-DC/人事システム V02 64bit版」が販売中であること
        つきましては、移行商談、新規商談におきましては、以下の後継商品でのご提案のほど、よろしくお願いいたします。
    • 後継製品:「NENKIN-DC/人事システム V02 64bit版」

      • Windows Server 2012 R2、Oracle12c対応版
      • 製品カタログにつきましては、製品詳細ページよりご入手ください。

      また、「NENKIN-DC/人事システム V01 32bit版」におきましては、出荷停止後、5年後の2022年3月末で保守停止となります。
      合わせて、ご了解のほど、よろしくお願いいたします。

    • NENKIN-DC/人事システム V01 32bit版:2022年3月31日保守停止

      (補足情報)

      製品の保守停止は2022年3月31日ですが、動作OS:Windows Server2008のサポート終了日が、2020年 1月14日となります。
      サポート終了日までに後継製品へのご検討、ご移行のほど、よろしくお願いいたします。

    • 動作OS:Windows Server 2008 サポート終了日:2020年 1月14日

サポート内容

サポート範囲

業務製品に対するお問合せ導入/運用中のトラブル対応
お客様
サポートサービスご契約の方のみ(※1)サポートサービスご契約の方のみ(※1)
SA/SEの方
サポートサービスご契約の方のみ(※1)
  • ※1
    お問合せ時に「サポートサービス確認書」のお客様番号が必要になります。

サービス時間

月曜日~金曜日 9時~12時 / 13時~17時

  • 土曜日、日曜日、祝祭日、夏季休暇、年末年始はお休みさせていただきます。

サポート窓口

制度変更情報

確定拠出年金の改正やJIS&T仕様変更について随時更新しています。

2018年1月から掛金拠出に関する年単位化が施行

確定拠出年金法の改正に伴い、2018年1月1日から掛金拠出に関する年単位化が施行されます。

(1)改正内容

ポイント1 拠出時期の年単位化 特定の月にまとめて拠出することが可能です。
ポイント2 拠出限度額管理の年単位化 拠出限度額に満たなかった掛金額の差額分を繰り越すことは、年内に限り可能です。

(2)拠出限度額

毎月、拠出をする場合
限度額(月額)
年単位化で拠出する場合
限度額(年額)
他の企業年金がない場合 55,000円 660,000円
企業年金がある場合 27,500円 330,000円

2014年10月からの掛金限度額

確定拠出年金法の改正に伴い、2014年10月より掛金限度額が変更になります。

現在の限度額(月額) 変更後の限度額(月額)
他の企業年金がない場合 51,000円 55,000円
企業年金がある場合 25,500円 27,500円

これにより、システムで管理している限度額を変更する必要があります。

  • 規約の変更を行わずに現在の限度額のまま運用される場合は、システム設定の変更は必要ありません。

2014年1月から資格喪失年齢引上げが可能

確定拠出年金法の改正に伴い、2014年1月から企業型年金加入者の資格喪失年齢引上げが可能になります。

今般の改正で、企業型年金の資格喪失年齢が引上げられ、60歳以上65歳以下の範囲で規約において定めることができるようになりました。これにより、資格喪失年齢が引上げられた規約において加入者は、60歳以降でも掛金の拠出が可能となります。(事業主掛金に加え、マッチング拠出制度があれば加入者掛金の拠出も可)


2012年2月拠出からマッチング拠出が可能

確定拠出年金法の改正に伴い、2012年2月拠出からマッチング拠出が可能になります。

企業型DCは退職給付制度として位置づけられているため、会社が掛金を拠出する仕組みとなっていましたが、2012年1月の法改正によって、加入者も一定の範囲内で事業主の掛金に上乗せ拠出ができる「マッチング拠出」(加入者の掛金)が可能となります。

マッチング拠出の金額には上限が設けられています。会社の掛金との合計で拠出限度額である月額51,000円を超えることはできません(企業年金を併用している場合は月額25,500円)。また、企業年金は主たる拠出者は会社であるという考えにもとづき、会社の掛金を加入者本人の掛金が上回ることもできません。


2010年1月からの掛金限度額

確定拠出年金法の改正に伴い、2010年1月より掛金限度額が変更になります。

現在の限度額(月額) 変更後の限度額(月額)
他の企業年金がない場合 46,000円 51,000円
企業年金がある場合 23,000円 25,500円

これにより、システムで管理している限度額を変更する必要があります。

  • 規約の変更を行わずに現在の限度額のまま運用される場合は、システム設定の変更は必要ありません。

2004年10月からの掛金限度額

確定拠出年金法の改正に伴い、2004年10月より掛金限度額が変更になります。

現在の限度額(月額) 変更後の限度額(月額)
他の企業年金がない場合 36,000円 46,000円
企業年金がある場合 18,000円 23,000円

これにより、システムで管理している限度額を変更する必要があります。詳細な手順は掛金限度額変更手順書 (125 KB)をご覧ください。

  • 規約の変更を行わずに現在の限度額のまま運用される場合は、システム設定の変更は必要ありません。

JIS&T仕様変更(2015年5月末JIS&T提供の仕様書にて公開)

資格喪失年齢引上げに伴う規約変更時に運用指図者から加入者となる場合は、再加入(企業型)データをJIS&Tに連携します。
また、再加入申請を取消す場合は、再加入(企業型)の取消データをJIS&Tに連携します。

対応データ

  • 再加入(企業型)データ

JIS&T仕様変更(2013年11月末JIS&T提供の仕様書にて公開)

再雇用により加入者資格を得喪した場合は、再雇用資格得喪のデータをJIS&Tに連携します。
既に再雇用資格得喪申請した従業員の制度移行有無(厚生年金基金(規約変更)・厚生年金基金(解散)・中小企業退職金・退職手当制度・確定給付企業年金)に変更が生じた場合は、再雇用資格得喪の変更データをJIS&Tに連携します。
また、再雇用資格得喪申請を取消す場合は、再雇用資格得喪の取消データをJIS&Tに連携します。

対応データ

  • 再雇用資格得喪データ

JIS&T仕様変更(2005年5月末JIS&T提供の仕様書にて公開)

JIS&Tの送信データチェック仕様変更に対応し、NENKIN-DC/人事も同様のチェックを行うことで、送信後のエラー発生を防ぐように対応しました。

新チェック仕様

生年月日と加入者資格取得年月日のチェック仕様が変更になります。

  • 変更前:「加入者資格取得年月日-60年(暦日)<生年月日」
  • 変更後:「60歳誕生日の前日が属する年月>加入者資格取得年月日の年月」

上記チェックを満たさない社員はデータ作成時にエラーにします。

対応データ

  • 従業員属性データ
  • 加入者属性変更データ

2003年12月(2004年5月実施)版のJIS&T仕様変更

新しい送信データ追加

  1. 一括移換データ
  2. 制度移行属性変更データ
  3. 制度内企業間異動データ
  • 本システム導入済みのお客様が上記送信データを使用される場合は、新しいインターフェースファイルの用意または、既存インターフェースへの新項目追加が必要になります。

既存データのレイアウト変更

  1. 加入者属性変更データ
  2. 加入者資格喪失データ
  3. 制度移行データ
  • 本システム導入済みのお客様は、これまでお使いのインターフェースファイルをそのままご利用いただけます。

その他の変更

以下のデータについて、データ送信による「取消」が行えます。

  1. 加入者属性変更データ
  2. 加入者資格喪失データ
  3. 制度移行データ

資料ダウンロード

  • NENKIN-DC/人事 V02L30 対応内容一覧(80 KB)
  • NENKIN-DC/人事 V01L85 対応内容一覧(76 KB)
  • 掛金限度額変更手順書(131 KB)

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

ページの先頭へ