クラウド型SDS作成支援ツール ezSDS

クラウド型SDS作成支援ツール ezSDS

SDS作成も、クラウドの時代です。

SDS作成も、クラウドの時代です。

富士通が誇る最先端クラウド技術と、日本ケミカルデータベース社の傑出したSDS専門ノウハウを融合させたクラウド型SDS作成支援ツール「ezSDS(イージーエスディーエス)」。最新のデータベースを活用しながら、低価格かつ手軽に、効率的に、あらゆるSDS作成を支援します。

製品概要

  1. SDS原案およびラベル原案を自動作成
  2. 混合物としてのGHS分類を自動類推
  3. クラウド型であるため、インターネット接続環境があれば、どこからでも利用可能
  4. 化学品に関わる29の法規制データを搭載

特長

  1. クラウド型による低価格を実現
    クラウド型でSDS作成機能を提供するため、投資費用を最小限に抑えることができ、かつ、運用費用削減にも貢献できます。
  2. 最新の「化学物質データベース」の情報を搭載
    NITE(注1)公開の約3,000のGHS(注2)分類データや、約30,000物質の化学物質データ、及び法規制データを利用する事が出来ます 。
  3. SDS・ラベルの原案を自動作成
    化学物質データ、及び法規制データを標準搭載しており、CAS番号(注3)と含有率を入力することでSDS・ラベルの原案が簡単に作成できます。
  4. サポート窓口による安心な支援体制
    SDSを作成するための専門知識がない利用者でも、質問を受け付ける窓口を提供することで、サービスを導入しやすい運用環境を提供します。

利用開始後のサービスに関するお問い合わせは、FJQSがお受けいたします。

  • 注1
    NITE:独立行政法人 製品評価技術基盤機構の略称。
  • 注2
    GHS:世界的に統一されたルールに従って、化学品を危険有害性の種類と程度により分類し、その情報が一目でわかるよう、ラベルで表示したり、SDSを提供したりするシステム。
  • 注3
    CAS番号:化学物質を特定するための番号。

新機能

  1. 外国語(英語)変換機能
    日本国内の法規制に対応したSDSを日本語で出力する仕様に対し、英語訳のSDSが出力可能
  2. GHS分類ツールの対応
    GHS混合物分類判定システム(GHS分類ツール)に対応し、以下独自機能に対応
    • 注意書き絞り込み機能の追加
    • GHS分類項目の統合・追加
    • 分類根拠の出典設定追加

導入実績

動作環境

システムをご利用いただくには、以下の環境が必要です。

  • ブラウザ:Internet Explorer(バージョン11以降推奨)
  • アプリケーション:Microsoft Excel(Office 2010以降推奨)

トピックス

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ