GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2015年 >
  5. セミナー開催のご案内

セミナー開催のご案内

~薬物相互作用ガイドラインに基づくM&Sの活用~

2015年10月26日

 当社は、11月18日(水曜日)に「薬物相互作用ガイドラインに基づくM&Sの活用」と題したセミナーを開催いたします。
 本セミナーでは武蔵野大学の伊藤清美先生や東京大学の前田和哉先生によるご講演、および個別相談会を実施いたします。 薬物相互作用ガイドラインやM&Sに関するご質問がございましたら、この機会をぜひご活用ください。
 また、薬物相互作用予測ソフトウェア「DDI Simulator」を使用した演習もおこないます。
ご多忙の折とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申しあげます。

セミナー開催概要

  • 開催日時
    2015年11月18日(水) 13:00~17:15(受付 12:40~)
  • 開催場所
    秋葉原UDX
    南ウィング6階 UDXカンファレンス RoomE(Type120)
    http://www.udx-c.jp/access.html
  • 参加費
    無料
  • 定員
    30名
  • スケジュール
    13:00~13:05 開催のご挨拶
    13:05~13:35 ご講演「代謝レベルでの薬物相互作用の定量的解析」
    武蔵野大学 薬学部 教授 伊藤 清美 様
    13:35~14:05 ご講演「トランスポーターを介した薬物相互作用の予測の必要性、現状と課題(仮)」
    東京大学 大学院薬学系研究科 講師 前田 和哉 様
    14:05~14:35 ご紹介「in vivo Kiを使用したPBPKモデルによる薬物相互作用の定量的予測」
    株式会社富士通九州システムズ
    14:35~14:55 休憩
    14:55~15:30 ご紹介「DDI Simulatorの機能概要」
    株式会社富士通九州システムズ
    15:30~15:45 質疑応答
    15:45~17:15 個別相談会
    ハンズオンセミナー
    • DDI Simulator基本操作説明
    • ワンポイントアドバイス
      • パラメータのExport/Import機能
      • 薬物のグルーピング
      • Repeat Simulationから一時的にパラメータを修正してのシミュレーション実行
      ※セミナー内容は予告なく変更する場合があります。

関連リンク


記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2015年10月26日
会社名: 株式会社富士通九州システムズ

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
未来社会ソリューション本部 ソーシャルICTソリューション部
icon-telephone 電話: 092-260-6230
icon-form お問い合わせフォームへ