GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2014年 >
  5. 生産・物流シミュレーションソフトウェア「WITNESS」を発売開始

生産・物流シミュレーションソフトウェア「WITNESS」を発売開始

~生産ライン・物流システムのモデル化/評価/最適化を~

2014年11月6日

当社は、生産・物流シミュレーションソフトウェア「WITNESS(ウィットネス)」の販売を10月27日より開始いたしました。
「WITNESS」は英国Lanner Group Ltd.によって開発されたソフトウェアで、日本国内総販売代理店である伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と販売代理店契約を締結いたしました。当社が得意としておりますPLM分野のラインナップを強化し、設計・製造分野における生産計画の最適化について、より高度な支援を実施することが可能となります。
今後、当社及び富士通株式会社のソフトウェア製品との連携により、2016年度末までに100セットの販売を目指します。

 「WITNESS」は海外で7,000セット、国内で700セット以上販売されており、実績のあるソフトウェアです。
  当社は、PLM分野の設計・製造工程の最適化を支援しています。
「WITNESS」を導入することで、現状の生産計画・物流システムの問題点の把握や、新規生産ラインの計画時点での詳細なシミュレーションをおこなえます。より高レベルな生産・物流システムの最適化支援を実施できるようになります。
特に、生産ラインシミュレーションソフトウェア「GP4」と組合せて利用することで、生産現場のライン設計を含めた総合的な検討が可能となります。WITNESS(ウィットネス)は、生産工程・物流工程をコンピュータ上に再現し、標準作業にバラつきを加味した「生産・物流シミュレーション」を行うソフトウェアです。

WITNESS

  • 製品名
    WITNESS(ウィットネス)
  • 動作環境
    動作環境
    OS Windows7
    CPU Intel Pentium4同等以上 (2GHz以上)
    メモリー 最低2GB以上 (4GB以上を推奨)
    ハードディスク 1GB以上の空き領域
    モニタ XGA(1024×768) 以上
  • 出荷時期
    2014年10月27日より
  • 販売価格(税込)
    390万円~
  • 販売目標
    国内において今後3年間で、100セットの販売を計画。

WITNESSの特長

  1. 生産システムにおける以下の問題解決が可能
    • 新規ラインの稼働率を加味したスループット
    • 最適なバッファサイズ・バッチサイズの検討
    • 渋滞を考慮したピッキングや入出庫時間の推定
  2. モデル化とアニメーション表示による評価を実現
    生産工程や物流・交通・事務業務などの様々なプロセスを簡単にモデル化し、アニメーション表示によるシミュレーション実行状況の観察や、自動生成されるレポートを通して、プロセスを的確に理解・評価することができます。
  3. 使いやすいインタフェース
    Easy to Learn, Easy to Use (覚えやすく、使いやすい)をコンセプトに開発されており、日本語化されたメニュー・ヘルプ・メッセージを実装しています。 Excelリンク機能により、パラメータやサイクルタイムの変更も容易におこなえます。
  4. オプション製品による機能拡張
    最適化機能 :"最も良い条件"を自動的に探索し、最適解を求める時間を大幅に削減できます。
    3次元化機能:モデルの状態を立体的な3次元アニメーションにて表示できます。

関連リンク


WITNESSは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の登録商標です。
その他の記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2014年11月6日
会社名: 株式会社富士通九州システムズ

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
エンジニアリングソリューション本部 エンジニアリング営業部
icon-telephone 電話: 092-260-6229