GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2014年 >
  5. ハンズオンセミナー開催のご案内

ハンズオンセミナー開催のご案内

薬物相互作用ガイドラインに基づくM&Sの実践
~PKパラメータの算出からDDI Simulator®を使用したDDIの予測まで~

    当社は、11月18日(火曜日)に「薬物相互作用ガイドラインに基づくM&Sの実践」を目的としたセミナーを開催いたします。
 本セミナーでは、「薬物相互作用ガイドライン」の理解を深めると共に、PKパラメータの算出から、薬物相互作用予測までの一連の操作を修得いただけます。
 薬物相互作用予測ソフトウェア「DDI Simulator®」を使用した演習もおこないます。本製品は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)様にも導入されております。
 薬物相互作用の研究分野で活躍されている研究者の方々のご講演もございますので、この機会に是非ご参加くださいますよう、お願い申しあげます。
 ご多忙の折とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申しあげます。

2014年10月17日

開催概要

  • 開催日時:2014年11月18日(火) 10:00~17:00(受付 9:40~)
  • 開催場所:東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル
    WTCコンファレンスセンター 3階 RoomB-1
    http://www.wtc-conference.jp/access.html
  • 参 加 費:5,000円/人 (※教育機関様は無償となります。)
  • 定   員:25名

スケジュール

  • 10:00~10:05 開催のご挨拶
  • 10:05~10:35 ご講演「薬物代謝における薬物相互作用の定量的予測(仮題)」
    武蔵野大学 薬学部 教授 伊藤 清美 様
  • 10:35~11:05 ご講演「トランスポーターを介した薬物相互作用の定量的予測(仮題)」
    東京大学 大学院薬学系研究科 講師 前田 和哉 様
  • 11:05~11:25 ご講演(現在調整中)
  • 11:25~11:45 ご紹介「DDI Simulator®の機能概要」
    株式会社富士通九州システムズ
  • 11:45~12:50 休憩(※昼食の準備はございませんので、あらかじめご了承ください。)
  • 12:50~13:00 ハンズオン概要説明
    株式会社富士通九州システムズ
  • 13:00~14:10 ハンズオンPart1
    「Fittingツールを使用したPKパラメータの算出(原理・実践)」
    武蔵野大学 薬学部 教授 伊藤 清美 様
  • 14:10~14:30 休憩
  • 14:30~15:40 ハンズオンPart2
    「in vivo動物実験/in vitro実験の結果に基づくPKパラメータの算出(原理・実践)」
    東京大学 大学院薬学系研究科 講師 前田 和哉 様
  • 15:40~16:40 ハンズオンPart3
    「DDI Simulator®を使用した薬物相互作用の予測(実習)」
    株式会社富士通九州システムズ
  • 16:40~17:00 質疑応答
  • ※セミナー内容は予告なく変更する場合があります。

関連リンク

日付: 2014年10月17日
会社名: 株式会社富士通九州システムズ

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
未来社会ソリューション本部 ソーシャルICTソリューション部
icon-telephone 電話: 092-260-6230
icon-form お問い合わせフォームへ