GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2011年 >
  5. 日本環境変異原学会へ化学物質毒性予測システムを出展

日本環境変異原学会へ化学物質毒性予測システムを出展

2011年11月16日

当社は、2011年11月21日(月曜日)から22日(火曜日)にかけて開催される日本環境変異原学会第40回大会へ化学物質毒性予測システムを出展します。

本年の日本環境変異原学会では、「安心・安全のための知的ネットワークの構築」をメインテーマとして特別講演、シンポジウムが開催されます。

当社では、化学物質の変異原性、毒性予測を行う「ADMEWORKSシリーズ」や、ヒトの薬物動態関連たんぱく質・化合物の情報を収載した「ADME データベース」、薬物相互作用の予測を行う「DDI Simulator」を出展します。

是非、当社ブースまでご来臨賜りますよう、お願い申しあげます。

【日本環境変異原学会第40回大会】

日時:2011年11月21日(月曜日)~2011年11月22日(火曜日)
会場:学術総合センター 〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号

【展示期間】

2011年11月21日(月曜日) 12時から18時
2011年11月22日(火曜日) 9時から15時

【当社出展ソリューション】

1.毒性/薬物動態インシリコ予測システム「ADMEWORKSシリーズ」
「ADMEWORKSシリーズ」は、化学物質や薬物などの安全性と体内における変化を、コンピュータ上で評価するためのシステムです。
製薬企業における新薬開発にだけ用いられるのではなく、動物実験代替法への関心が高まっていることもあり、化学メーカーや化粧品メーカーでもご利用いただいています。
2.薬物代謝酵素P450/トランスポータに関するデータベース「ADME データベース」
「ADME データベース」は、クロアチアのレンディック博士(*1)が、文献から収集したヒトの薬物動態関連たんぱく質・薬物の情報(*2)データベースです。
薬物の吸収、分布、代謝、排泄に関わるチトクロームP450(*3)、その他の薬物代謝酵素と薬物、トランスポータ(*4)情報を収載しています。
*1 レンディック博士は、薬物動態分野の著名な研究者です。
*2 投与された薬物が作用発現部位に到達する過程における、吸収、分布、代謝、排泄
などに関連するたんぱく質情報です。
*3 薬物を体外に排泄されやすい形に代謝する酵素です。
*4 トランスポータ薬物を輸送するたんぱく質です。
3.薬物体内動態シミュレーションソフト「DDI Simulator」
「DDI Simulator」は、薬物の併用投与時に薬効・副作用発現の変動を引き起こしうる薬物相互作用の程度を、体内動態パラメーターの情報に基づき、基質薬物の挙動について生理学的モデルを用いたシミュレーションで予測するソフトウェアです。

各製品の詳細は下記URLをご参照下さい。

【会社概要】

社名 株式会社富士通九州システムズ
代表取締役社長 川田 敏郎
設立 1981年7月20日
所在地 〒814-8589福岡市早良区百道浜2-2-1富士通九州R&Dセンター
資本金 3億円(富士通株式会社100%)
従業員数 1,530名

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2011年11月16日
会社名: 株式会社富士通九州システムズ, , ,

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
未来社会ソリューション本部 ソーシャルICTソリューション部
icon-telephone 電話: 092-260-6230
icon-form お問い合わせフォームへ