GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2010年 >
  5. 第14回生体触媒化学シンポジウムに統合計算化学システム「MOE」を展示

第14回生体触媒化学シンポジウムに統合計算化学システム「MOE」を展示

2010年9月16日

当社は、2010年9月23日(木曜日)から24日(金曜日)にかけて開催される生体触媒化学シンポジウムへ統合計算化学システム「MOE」を展示いたします。

本シンポジウムでは、自然界にある酵素並びに人工酵素等の生体触媒を有用物質の生産に活用する研究等の発表が行われます。生体触媒を用いた有用物質の生産は、従来の化学的な有用物質の生産方法に比べ、室温付近で作用し、エネルギーの使用量が少なく、環境負荷が低いため注目されております。

今回、展示を行う統合計算化学システム「MOE」は酵素と基質のドッキングシミュレーション等を行うことができ、酵素等の生体触媒の構造と機能の相関の解明に役立つソリューションを提供いたします。

生体触媒化学シンポジウムへご参加の際は、是非当社ブースまでご来臨賜りますよう、お願い申しあげます。

【第14回生体触媒化学シンポジウム】

日 時

2010年9月23日(木曜日)9時55分 ~ 18時15分
2010年9月24日(金曜日)9時30分 ~ 17時20分

会 場

グランシップ静岡 〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4

主催者

生体触媒化学研究会

URL

http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/~14jscb/

当社出展ソリューション

統合計算化学システム「MOE」

MOEはアプリケーションの実行環境と開発環境を一体化した統合計算化学システムです。ドッキングシミュレーションを始め、アミノ酸配列から立体構造の予測、変異体モデルの作成、分子の安定構造の予測等、生体触媒の研究のための多様な機能を提供します。
※MOEは、カナダChemical Computing Group Inc.が開発した製品です。

【会社概要】

社名 株式会社富士通九州システムズ
代表取締役社長 川田 敏郎
設立 1981年7月20日
所在地 〒814-8589福岡市早良区百道浜2-2-1富士通九州R&Dセンター
資本金 3億円(富士通株式会社100%)
従業員数 1,580名

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2010年9月16日
会社名: 株式会社富士通九州システムズ, , ,

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
未来社会ソリューション本部 ソーシャルICTソリューション部
icon-telephone 電話: 092-260-6230
icon-form お問い合わせフォームへ