GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2010年 >
  5. プロジェクト管理者・品質管理者向けテスト品質向上ツール「JSystemCoverage」発売開始

プロジェクト管理者・品質管理者向けテスト品質向上ツール「JSystemCoverage」発売開始

~Javaアプリケーションのテスト進捗と十分性を“見える化”~

2010年7月12日

当社は、結合テスト・総合テスト(システムテスト)のテスト品質向上ツール「JSystemCoverage」を開発し、6月28日より販売を開始しました。本製品はJavaアプリケーションのテスト状況を“見える化(数値化)”することでテストの信頼性向上を強力に支援します。

ソフトウェアの開発現場では、製品の品質を確保するためにテスト品質の十分性が求められます。しかし、その十分性を判断するための定量的な情報は不足しており、開発者や品質管理者のスキルに委ねられがちです。また、定量的な情報(エビデンス)を得るためのツールの導入には、担当者ごとにツールの習得、情報の集計、モジュールの再コンパイルなどの作業スタイルの変更がつきものでした。
「JSystemCoverage」は作業スタイルの変更なしに、Javaアプリケーションのテスト状況を『見える化』します。テスト対象アプリケーションのソースや再コンパイルは必要なく、パッケージ・クラス・メソッド・行単位での稼働状況レポートをHTMLやCSVで出力することができます。100%Java言語で開発されているため動作環境を選ばず、複数台のマシンで動作している環境でも情報をマージすることが可能です。
これらの機能により、結合テスト・総合テスト(システムテスト)の品質向上を強力に支援します。

イメージ図

【販売価格、および出荷時期】

製品名 販売価格(税込) 出荷時期
JSystemCoverage 1,000,000円 6月28日より

※サーバライセンス(Windows,Linux,Solaris)。1台のコンピュータにインストールして使用できます。使用できるJavaVM数に制限はありません。

【本製品の特長】

1.テスト結果の見える化(数値化)を実現

  • Javaプログラムのパッケージ・クラス・メソッド・行単位のカバレッジレポートを、まとめてHTMLやCSVに出力します。クラス→メソッド→行とドリルダウンしながらテストの網羅性を定量的に確認することができ、エビデンス(プログラムの動作情報)としてもお使いいただけます。
  • 日々のテスト情報を履歴情報や履歴グラフとして出力しますので、テストの推移が確認できます。
  • テスト中に変更されたプログラムを自動的に検出します(特許出願中)。

2.簡単導入

  • テスト対象プログラム(jar,war,ear,class)があれば、テスト対象アプリケーションのソースコードや再コンパイルは不要です。
  • JavaVM 起動時のオプションに指定するだけで、簡単に情報収集できます。
  • 操作の習得、運用開始までの設定が容易であるため、導入コストがかかりません。

3.小規模から大規模なシステムまで、広い範囲で適用可能

  • 複数サーバ、複数プロセスで運用される大規模な環境でも、カバレッジレポートを簡単にまとめることができます。

【動作環境】

Java™ 2Platform SE 5.0または6.0 が動作する環境であればミドルウェア環境やOSに依存しません。

【発売日】

2010年6月28日(月曜日)

【販売目標】

国内において、3年間で200本の販売を目標とします。

【関連Webサイト】

http://jp.fujitsu.com/group/kyushu/services/dev-tech/JSystemCoverage

(「JSystemCoverage」紹介サイト)

【商標について】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【会社概要】

社名 株式会社富士通九州システムズ
代表取締役社長 川田 敏郎
設立 1981年7月20日
所在地 〒814-8589 福岡市早良区百道浜2-2-1 富士通九州R&Dセンター
資本金 3億円(富士通株式会社100%)
従業員数 1,580名

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2010年7月12日
会社名: 株式会社富士通九州システムズ, , ,

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
未来社会ソリューション本部 BIソリューション部 担当:宮崎
icon-telephone 電話: 097-534-9439
icon-form お問い合わせフォームへ