GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2009年 >
  5. ペプチド討論会に創薬・化学研究開発支援ソフトウェアを出展

ペプチド討論会に創薬・化学研究開発支援ソフトウェアを出展

2009年10月27日

当社は、2009年11月4日(水曜日)から6日(金曜日)にかけて開催される第46回ペプチド討論会に、創薬・化学分野の研究開発を支援するソフトウェアを出展します。

今年のペプチド討論会では、ペプチドに関する基礎研究だけでなく、ペプチドを医学および薬学的研究、マテリアルに応用した最新の研究成果が講演・討論される予定です。

当社展示ブースでは、ペプチドの分子モデリングや、ドッキングシミュレーション等ができるソフトウェア「MOE」を展示いたします。

是非、当社ブースまでご来臨賜りますよう、お願い申し上げます。

【ペプチド討論会】

〔展示時間〕

11月4日(水曜日)9時~17時30分
11月5日(木曜日)9時~18時
11月6日(金曜日)9時~13時

〔会 場〕

北九州国際会議場
〒802-0001 北九州市小倉北区浅野三丁目9番10号

〔主 催〕

日本ペプチド学会

【当社出展ソフトウェア】

統合計算化学システム「MOE」

MOEはアプリケーションの実行環境と開発環境を一体化した統合計算化学システムです。創薬研究のための多様な機能と、柔軟性の高い分子モデリング環境を提供します。ペプチドの最安定構造の構築や、ペプチドとタンパク質のドッキングシミュレーション等にご利用頂けます。

※MOEは、カナダChemical Computing Group Inc.が開発した製品です。

【会社概要】

社名 株式会社富士通九州システムズ
代表取締役社長 富永 英俊
設立 1981年7月20日
所在地 〒814-8589福岡市早良区百道浜2-2-1富士通九州R&Dセンター
資本金 3億円(富士通株式会社100%)
従業員数 1,620名

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2009年10月27日
会社名: 株式会社富士通九州システムズ, , ,

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
未来社会ソリューション本部 ソーシャルICTソリューション部
icon-telephone 電話: 092-260-6230
icon-form お問い合わせフォームへ