PRESS RELEASE

2020年8月25日
株式会社富士通九州システムズ

2020年日本バイオインフォマティクス学会年会 第9回生命医薬情報学連合大会 (IIBMP2020)に分子シミュレーションソフトを出展

当社は、9月1日(火曜日)から9月3日(木曜日)にオンライン開催される2020年日本バイオインフォマティクス学会年会 第9回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2020)に分子シミュレーションソフトを株式会社モルシス様と共同で出展します。

当社ブースでは、創薬、生命科学研究を支援する統合計算化学システム「MOE」を出展します。化合物、ペプチド、タンパク質、抗体、核酸、合成ポリマーなど様々な分子系のモデリングとシミュレーションについて、Web説明会でご紹介いたします。

2020年日本バイオインフォマティクス学会年会 第9回生命医薬情報学連合大会 (IIBMP2020)

当社出展期間

  • 9月 1日(火曜日)10時~18時
  • 9月 2日(水曜日)10時~18時

展示ブース(Web会議室)について

オンライン会場から必要情報をご登録いただくことで学会が提供するオンライン会議システムで出展製品をご紹介いたします。詳細は学会サイトをご参照ください。

当社出展ソリューション

  • 統合計算化学システム「MOE」
    「MOE」は創薬・生命科学研究のための分子シミュレーションソフトウェアです。創薬モダリティ、AI研究を支援する統合計算化学システムで、低分子、ペプチド、抗体、核酸の設計が可能です。
    直感的に操作できる多彩なアプリケーションと豊富なデータコンテンツで、計算化学者から実験研究者まで、幅広いユーザの研究をサポートします。

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ