PRESS RELEASE

2020年1月10日
株式会社富士通九州システムズ

ENEX2020第44回地球環境とエネルギーの調和展に、eMQ-nextを出展

~太陽光発電の余剰分を活用し、ご家庭の電気代節約に貢献~

当社は、1月29日(水曜日)から1月31日(金曜日)にかけて開催される「ENEX2020第44回地球環境とエネルギーの調和展」に、ヒートポンプ式給湯機(以下HP給湯機)を活用した電気料金節約サービスeMQ-nextを出展し、機能やサービス画面をご紹介します。

当社は、固定価格買取制度による買取期間が満了する需要家様へ、自家消費サービスを検討されている事業者様向けに、HP給湯機を制御するサービスを提供しております。

本サービスは、太陽光発電の余剰分を活用し、夜間に沸き上げを行う場合と比較して節約が可能な時間帯はお湯を沸かすことで、ご家庭の電気代節約に貢献します。是非、富士通ブースまでご来臨賜りますよう、お願い申しあげます。

ENEX2020 第44回地球環境とエネルギーの調和展

eMQ-nextについて

需要家様のご家庭で発電・消費される電力値(実績値)からリアルタイムで電気料金を算出・評価(特許庁出願済)し、ヒートポンプ式給湯機を自動で制御するよう、連携する事業者様のサーバへ制御時刻を通知します。需要家様宅(ご家庭)の電気代を削減することで、自家消費サービスをご提供される事業者様の顧客満足度の向上に貢献します。

本展示会では、実際に提供するeMQ-nextのサービス画面(事業者様画面、需要家様画面)と機能についてご紹介いたします。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ