PRESS RELEASE

2019年8月27日
株式会社富士通九州システムズ

WeWork Ginza Sixでミートアップイベント開催!共創活動を積極推進

当社は、2019年7月2日(火曜日)にWeWork Ginza Sixにおいてミートアップイベントを開催いたしました。

イベントでは、WeWork Ginza Six内の入居企業に当社の活動をアピールし、交流を深めました。今後もWeWork Ginza Sixを起点とした共創活動を積極的に推進してまいります。

イベント詳細情報

タイトルQ’s Party1st season
富士通九州システムズが~Ginza Sixで~WeWorkと~出会った~
日時2019年7月2日(火曜日)18時~20時30分
開催場所Ginza Six 13F WeWorkコミュニティスペース
内容
  • 当社ご紹介(会社概要、新規取組み、OSS事例、Pictone)
  • ミートアップ(名刺交換、歓談)
参加者数約50名 ※関係者含む

イベント終了後、参加者より「大変盛り上がったイベントだった」「連携に向けて打合せを実施したい」など高評価のコメントを頂き、入居企業との連携に向けた取り組みを開始いたしました。

当社は、事業戦略の1つに『No.1分野の確立』を掲げており、新規ビジネス創出プロセス変革の一環として、世界最大級のメンバー数を誇るコミュニティ型ワークスペースを提供するWeWorkのGinza Sixオフィスに2019年3月から入居しています。

当社におけるWeWork Ginza Six活用方針

新規ビジネス創出の新たなリファレンスモデル作りの場として活用する

  1. 共創パートナー発掘
    イベント参加・開催、コミュニティマネージャ―によるマッチング等を活用し、共創パートナーを発掘
  2. アイデア創出
    入居メンバーとの日常的なコミュニケーションやアイデアソンを通じて、WeWork Ginza Six発のアイデアを創出

入居以来、当社の共創推進担当者がオフィスに常駐し、多業種の人々との交流を通じながら、新規サービスの開発を進めております。声優志望者向けアフレコ練習ソリューション『Pictone(ピクトーン)』もその1つであり、外部企業と連携してお客様のニーズに応える開発に取り組んでいます。

今後の活動

当社は、共創の場としてWeWork Ginza Sixに加えて、社内にFUJITSU KYUSHU SYSTEMS INCUBATION CENTER(DIY工房)を保有しているほか、福岡市主催の創業支援施設FUKUOKA GROWTH NEXTにもスポンサー企業として参画しております。会社の枠を超えたコミュニケーション空間を最大限に活用し、共創活動を推進してまいります。

WeWorkについて

The We Companyが提供するコミュニティ型ワークスペース

  • 2010年アメリカで創業(本社:ニューヨーク市)
  • 世界100都市に500ヶ所以上の拠点、26万人以上の会員
  • 最大限のインパクトを生むスペース:フォーチュン 500 企業の約 3 割だけでなく、草の根の非営利団体などからも幅広く集まった WeWork の多様性溢れるメンバーが、企業の垣根を超えて互いに刺激しあうことで、イノベーションがより推進され、コミュニティ意識が深まっています。
  • コミュニティ:世界中にいる他のメンバーと繋がり、バーチャルで協働できるデジタルアプリ、新たなコネクションが生まれるイベント(公式および非公式)

(写真・文章引用:WeWork | オフィスやワークスペースのソリューション)

関連リンク

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ