健康経営の取り組みについて

健康経営宣言

当社が持続的に発展していくためには、社員と家族が心身ともにいきいきと働ける会社づくりが重要であると考え、「富士通グループ健康宣言」(*1) に基づき、健康保持・増進に向けた各種施策を推進いたします。

2017年1月 代表取締役社長

スローガン

社員の「心とからだの健康」と「安全」を守る

推進体制

代表取締役社長を最高責任者として、安全衛生委員会(産業医、保健師、労働組合、総務人事本部)、健康保険組合、富士通と連携した推進体制を構築しています。
また、年間計画や各施策について経営会議で定期的に報告し、経営層との情報共有を図っています。

担当部署:総務人事本部人事部
担当スタッフ:計13名

  • 産業医5名(本社・大分・熊本・東京)
  • 保健師5名(本社・大分・熊本・東京)
  • 事務局3名

取り組み方針と目標

当社では「一人ひとりの自立した健康づくり支援する」取り組み方針のもと、特に改善が必要な以下の項目について目標数値を設定し、各施策に取り組んでおります。

区分目標目標値
(2023年度)
2019年度取り組み内容
生活習慣病対策BMIの改善(25以上の割合)29.1%
  1. 若年層への健康づくりプログラムの実施
  2. 運動習慣強化のために歩活導入
  3. 健康づくりのための教育メニューの作成、提供
メンタルヘルス対策メンタル(*2)による療養者の割合減少0.7%
  1. アクションプランの実施状況確認
  2. 改善好事例集作成、横展開
  3. 再発防止に向けたプログラムの検討
喫煙対策喫煙率(*3)の減少22.0%
  1. 禁煙チャレンジへの継続的な参加
  2. 禁煙3か年計画の策定
  • *2:
    1か月以上欠勤または休職を経験した者の割合(年度末時点)
  • *3:
    健診時の問診で喫煙ありと回答した者

取り組み実績

1.生活習慣病対策

2.メンタルヘルス対策

  • ストレスチェックに基づく職場環境の改善活動
  • 階層別のメンタルヘルス研修(2018年度:新入社員35名、昇格者37名、新任幹部社員8名)
  • 資格(*4)取得奨励(2019年7月現在取得者:マスター2名、ラインケア505名、セルフケア219名)
  • 職場復帰支援の充実(療養~職場復帰までのサポートを体系化)
  • メンタル疾患者に関する産業保健スタッフとの定例会毎月開催
  • *4:
    メンタルヘルスマネジメント検定試験(主催:大阪商工会議所)

3.喫煙対策

4.健康意識の向上

  • 健康メルマガによる健康情報の全社配信(2018年度:5回)
  • 保健師による健康出前講座
  • 健康づくり支援ツールを活用した健康情報の配信
  • 職場への血圧計、体重計の設置(本社、大分、熊本、東京、大阪の各オフィス)

5.女性の健康

  • 富士通グループ「女性の健康セミナー」への参加
  • 就業時間内の婦人科検診実施(検診バス等を活用した健康診断との同時受診)
  • 女性の健康専門の相談窓口の設置(本社、大分、熊本、東京の各健康管理室)
  • 不妊治療に伴う有給休暇、休職制度

6.ワークライフバランスの推進

  • 連続休暇取得の奨励(2019年度:5日以上の連続休暇or連続3日の休暇2回)
  • 在宅勤務制度(テレワーク)
  • フレックスタイム制度
  • カムバック制度

7.健康診断

  • 健康診断受診率100%(2012年度から継続中)
  • 要精密検査者の検査受診率、要治療者の治療開始率100%(2013年度から継続中)
  • 女性社員の婦人科健診の受診率向上(2014年度26.1%→2018年度62.9%)

有所見率

「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」に認定

経済産業省および日本健康会議より、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む法人として「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」に認定されました。