FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウドAkisai(秋彩)
アグリマルチセンシングSaaS 鳥獣害対策クラウド

地域における鳥獣害対策の取り組みを効率化するために
クラウドが日々の活動をサポートします

  • 情報の管理/見える化、鳥獣被害対策にかかわる方の繋がりを重視し、日々の対策業務を鳥獣害対策クラウドがバックアップします。
  • 鳥獣出没や被害状況、捕獲わななどの設置情報、鳥獣の捕獲実績情報をクラウドに集約し、対策活動に利活用できます。
  • スマートデバイスや地図情報を活用し、簡単操作での情報登録や場所表示など、現場で使いやすいICTを実現します。
  • *「アグリマルチセンシング®」は、株式会社富士通鹿児島インフォネットの登録商標です。

鳥獣害対策クラウドの活用により、期待できる3つのこと

鳥獣害対策クラウドが提供する基本機能

1. 鳥獣捕獲実績や鳥獣の出没/被害情報などを簡単に登録

鳥獣の捕獲実績や、鳥獣目撃情報/農作物の被害情報を簡単に記録できるため、報告業務や地域の見まわり活動記録などに役立てることができます。

2. 鳥獣捕獲のために設置したわななどの場所を地図に表示

鳥獣捕獲わなの設置情報(位置/わなの種類)を地図上に表示できるため、地域での設置状況や、役割分担による見回り作業負荷の軽減に役立てることができます。

3. 記録された鳥獣捕獲を見える化

捕日々の活動でクラウドに記録された鳥獣情報をもとに、地域で発生している状況を地図上に可視化します。

地域における鳥獣害対策活動の運用イメージ

鳥獣害対策クラウドに情報を集約できるため、自治体/猟友会/営農指導員等の各関係者間の連携がとりやすくなります。

現場で使いやすいICTの提供

1. スマートデバイスから簡単に情報登録ができます。

インターネットを介して、場所や時間にとらわれず、クラウドにアクセス。

2. ジオタグ(GPS情報)付き写真のアップロードで位置情報が登録できます。

*ジオタグ付写真のプロパティには緯度経度情報が付与されます。
*直接、地図上での場所指定も可能です。

価格

基本サービス費用3万円(月額)・・・管理者5名+メンバー50名まで
導入初年度年間経費スタートアップサービス(2万円~)+基本サービス費用(36万円~)
翌年度以降年間経費基本サービス費用(36万円~)
  • ※管理者/メンバー追加オプションも準備しております。ご要望により別途お見積り致します。
  • ※初期導入サポート(説明会開催、クラウド設定支援など)も準備しております。詳細については別途打ち合わせの上決定致します。
  • ※SE運用サポート(問い合わせ対応(SE派遣費用は除く)、取得したデータを利用したレポート作成など)も準備しております。詳細については別途打ち合わせの上決定致します。
  • ※わな写真の撮影費用は上記価格には含まれておりません。
  • ※クラウド閲覧用スマートデバイス(タブレット、スマートフォン)、通信費は上記価格には含まれておりません。ご要望により別途お見積り致します。

食・農クラウド Akisaiに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ