GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. プレスリリース >
  4. 舗装の「『ひび割れ』および『わだち掘れ』目視補助機能」を提供開始

PRESS RELEASE

2019年8月26日
株式会社富士通交通・道路データサービス

舗装の「『ひび割れ』および『わだち掘れ』目視補助機能」を提供開始

~道路パトロール支援サービスで舗装の健全性を表す三要素をご利用可能に!~

株式会社富士通交通・道路データサービス(注1)は、すでに多くの道路管理者にご利用・ご好評を頂いているスマートフォンを活用したクラウド型簡易路面診断サービス「道路パトロール支援サービス(略称『道パト』、以下『本サービス』)」の機能強化として、舗装の「『ひび割れ』および『わだち掘れ』目視補助機能」を今年度下期より提供開始します。

本サービスはすでに舗装の「平坦性」を解析する機能を提供していますが、特に都道府県においては舗装の健全性を表す三要素のうち残りの二つの要素である「ひび割れ」および「わだち掘れ」の状態把握に対するニーズが依然として多いことから、これらを目視補助する機能を提供します。

背景

国の直轄国道や都道府県および政令市管理道路の維持管理においては、従来、舗装の健全性を表す三要素である「平坦性」「ひび割れ」「わだち掘れ」を基に算出する舗装の評価指数「MCI(注2)」が利用されてきました。ただMCIの算出には路面性状調査車による上記三要素の計測が必要であり、高額なコストおよび計測から結果算出までに数か月を要する点が課題でした。

これに対し、本サービスは2013年6月より平坦性の解析機能を提供、また2018年12月には動画を活用して目視での舗装点検を効率的に行える「舗装目視点検の動画活用サービス(以下、「動画活用サービス」)」をオプションとして提供し、すでに国道等にて多くご利用頂いています。本サービスによる平坦性データとMCIは概ね一致しているとのご評価を頂いております。

一方、2017年3月には国管理版の道路舗装点検要領が改定され、特に国道においてはMCIによる評価方式から「目視を基本としつつ、必要に応じて機器を用いることを妨げない」点検方式に舵がきられていますが、都道府県や政令市等では行政の継続性の観点からMCIおよび上記三要素に対するニーズが引き続き多く存在しています。

提供内容

今回新たに提供を開始する「『ひび割れ』および『わだち掘れ』目視補助機能」は、ひび割れ(三段階の区分)およびわだち掘れ(大/小)による目視補助のための情報表示機能を付加するものであり、本サービスをご活用頂くことで舗装の健全性を表す三要素がすべてご利用可能となります。汎用的な機器であるスマートフォンおよびドライブレコーダーを用いた簡易な方式を採用しており、コストを抑えつつ計測後即日結果が得られます。これにより、都道府県や政令市等における「ひび割れ」や「わだち掘れ」に対するニーズにお応えします。

なお、ひび割れについては長崎大学との共同研究、わだち掘れについては岐阜大学との共同研究の成果です。

道路パトロール支援サービス(道パト)とは

パトロール報告書自動作成・出力機能の他、スマートフォンに内蔵された加速度センサーで車両走行中に自動的に道路の凹凸データを収集し、地図情報と組み合わせて舗装の劣化状況を可視化することで、日常点検の効率化および修繕箇所の優先度決定を効率的に実施できるサービスです。安価かつ簡易に道路維持管理業務をご支援する仕組みであることから、2019年8月現在、53団体80サイト(国道、都道府県、市町村)でご利用頂いております。また国土交通省が運用する「新技術情報提供システム『NETIS』」に新技術として登録されています(NETIS番号:QS-170023-VR)。

提供イメージ

ひび割れ情報表示イメージ

図.1 ひび割れ情報表示イメージ

平坦性、ひび割れ、わだち掘れの情報表示イメージ

図.2 平坦性、ひび割れ、わだち掘れの情報表示イメージ

(図中の地図は株式会社ゼンリンの著作物です。Copyright 2013 ZENRIN CO., LTD. (許諾番号:Z13LD第749号))

提供時期

ひび割れ目視補助機能:2019年10月

わだち掘れ目視補助機能:2019年下期を予定

提供形態

本サービスのオプション機能である「舗装目視点検の動画活用サービス」をご契約頂ければ、追加費用不要でご利用可能です。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1 株式会社富士通交通・道路データサービス:
代表取締役社長 島田 孝司、本社:東京都港区。
注2 MCI(Maintenance Control Index:舗装の維持管理指数):
舗装の健全性を「ひび割れ率」、「わだち掘れ量」および「平たん性」という路面性状値によって定量的に評価する指数。

関連リンク

以上

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通交通・道路データサービス
icon-telephone 電話:03-6252-2360
受付時間:9時~17時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。