GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. プレスリリース >
  4. 都内初、東京都品川区様がスマホによる劣化診断サービスを本格利用開始

PRESS RELEASE

2017年7月19日
株式会社富士通交通・道路データサービス

都内初、東京都品川区様がスマホによる劣化診断サービスを本格利用開始

~区道の維持管理レベル向上と業務効率化に活用~

東京都品川区様は、都内で初めて株式会社富士通交通・道路データサービス(注1、以下「FTRD」)が提供する「道路パトロール支援サービス」(以下、「本サービス」)を2017年6月から利用開始しました。

本サービスの利用によって、品川区道総延長328kmの維持管理業務の中で、日常点検時にスマートフォンを使って路面の凹凸や段差ポイントを的確に把握し対応処置を行うとともに、その結果を修繕計画の根拠データとして補修優先度の決定に有効活用することで、区民をはじめとする道路利用者の安全性向上と維持メンテナンス業務の効率化を目指します。また本サービスの住民要望管理機能(ゼンリン住宅地図の活用)や報告書作成機能などを利用し、要望受付から完了までの状況を一元管理することで住民サービス向上を図る予定です。

導入の背景と目的

品川区様では、区内を3つのエリアに分け担当する委託先事業者が日々巡回パトロールを行い、道路利用者の安全性や快適性を確保するために道路の異常や路面段差などへの対応を行っています。

本サービスは、パトロール車両で走行しながらスマートフォンで自動的に路面の凹凸データを蓄積し補修計画の根拠とすることが主な利用目的ですが、品川区様はそれに加えて日常点検の異常を的確に把握し早期対応することが住民にとって大きなメリットとなるとともに、ICTを活用することで誰が実施しても客観的なデータとして同じ結果が得られるという部分に着目されました。住民からの道路に対する品川区様への要望は平成27年度に845件あり、そのうち158件(19%)は路面補修を伴う要望でした。品川区様は、本サービスの活用によって道路異常の早期発見や早期対応を実現し、利用者の満足度を向上させたいと考えておられます。また計画的修繕については、本サービスによる蓄積データ(平坦性)に加え、ひび割れ計測や目視などを組み合わせて、より精度の高い計画作りを目指し研究していくご予定です。

品川区様コメント

「道路管理者にとって路面の点検を効率的に行い、優先度を決めて的確に補修を実施することは、安全で快適な交通網を確保するために必要なことです。区民、道路利用者の満足度向上につなげていくためにICTを有効活用し、そこから得られるデータを使ってより迅速かつ効果的にメンテナンスを行うことが重要と考えております。」
(品川区防災まちづくり部 道路課長 多並知広様)

「道路パトロール支援サービス」について

本サービスは、スマートフォンに内蔵された加速度センサーとGPSで車両走行中に自動的に道路の凹凸データを収集し、地図情報と組み合わせて路面の劣化状況を可視化することで、修繕箇所の優先度決めを効率的に実施できるサービスです。また業務支援機能として、走行中に発見した道路の異常を写真撮影しコメントと合わせて地図上にマッピングするとともに、パトロール報告書を自動的に作成することが可能です。さらに、住民からの要望案件を登録・管理する機能とパトロール報告書を組み合わせて、要望の受付から対応結果までを一元管理することも可能です(地図データをゼンリン住宅地図でご利用いただくことも可能)。2017年7月現在、20以上の団体(道路管理者様、舗装事業者様、建設コンサル様など)でご利用頂いております。

品川区様でのご利用イメージ

日常点検結果画面サンプル
日常点検結果画面サンプル

住民要望案件画面サンプル
住民要望案件画面サンプル

(図中の地図は株式会社ゼンリンの著作物です。Copyright 2015 ZENRIN CO., LTD. (許諾番号:Z13LD第749号)

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

(注1)株式会社富士通交通・道路データサービス:本社 東京都港区、代表取締役社長:島田 孝司

関連サイト

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通交通・道路データサービス
icon-telephone 電話:03-6252-2360
受付時間:9時00分~17時00分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。