GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

TecAthlete/Lutz 特長

1.優れた生産性

TecAthlete/Lutzでは弊社独自の帳票生成エンジンが設計情報を理解し、データ抽出から印字までのステップを自動的に行います。これにより開発者は量的作業から解放され、より価値の高い作業に多くの時間を費やすことが可能になります。

【通常の開発作業】

通常の開発作業の流れ図

【TecAthlete/Lutzが実現する究極の3ステップ】

テックアスリートルッツによる開発作業の流れ図

TecAthlete/Lutzが必要とする設計情報は、体系化されたシンプルな構成になっています。おそらく、普段お客様がプログラマーに提示している設計書と大差はありません。WordやExcelで設計書を作る手間を省いて、ぜひTecAthlete/Lutzの設計ツールに入力してみてください。

【TecAthlete/Lutzの体系化された設計情報】

体系化された設計情報の図

 
要素 概要
基本 帳票の名称や種類等、基本的な情報を入力します。
条件 帳票作成時に外部から指定可能な条件(パラメータ)を定義します。
項目 帳票の各項目に関する情報を定義します。
クエリ 帳票作成時に必要なデータを抽出するための情報を定義します。
イベント 票を印字するタイミングをコントロールするための情報を定義します。
データ転送 帳票の各項目に対して転送するデータの取得元をマッピングします。

2.シンプルかつ必要十分な機能

TecAthlete/Lutzには、他社の高価格帯製品が備える一部のリッチな機能は設けていません。(スキャナ取込、専用スプーラ、FAX送信等)
これは、本質的な機能に対象を絞ることで、コストパフォーマンスに優れた帳票開発環境をご提供するためです。

【TecAthlete/Lutzが備える基本機能】

 
出力形式 固定長表、行可変帳票
要素設定 フォント、アライメント、編集書式
データ操作 データソート、キーブレイク、多段階集計
オブジェクト 罫線/図形、画像、バーコード
バーコード種類 AN、UPC、NW-7、ITF、EAN128、CODE39、CODE128、カスタマバーコード、QRコード

【標準装備のレイアウトデザイナ】

シンプルながら高精度(1/1440インチ単位)でレイアウト可能なデザイナを備えています。データ抽出や印字は前述の設計情報から自動的に行われますので、印字位置を決める作業に集中することができます。

レイアウトデザイナのイメージ

3.オフショア開発もOK

日本語、英語、中国語を標準でサポート。オフショア開発も安心です。

外国語サポートのイメージ