GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

システム診断サービス サービスメニュー

利用傾向や稼働状況など "システム運用状況" をレポーティング。

【システム運用診断(利用分析)】

概要 システムを一定期間モニタリングし、収集した情報から用途に合わせて状態診断、改善提案レポートを作成します。
提供対象 下記に対する診断レポート
  • 利用傾向分析…日別、時間帯別などのトータル利用数推移の分析と機能別の利用傾向の分析
  • 稼動分析…アプリケーションの性能や障害発生状況をプロットし、利用に応じたシステム動作が実現できているかの分析

障害やレスポンスなどの不具合調査やシステムの健康状態をレポーティング。

【システム運用診断(運用分析)】

概要 システムを一定期間モニタリングし、収集した情報から状態診断~改善提案レポートを作成します。
提供対象 下記に対する診断レポート
  • スループット診断…アプリケーションの処理層単位での詳細なスループットの測定、ボトルネックになっている処理の特定と対処方法の提案
  • 稼動統計診断…アプリケーションの利用状況、操作単位の利用状況の測定、エンハンス優先度の決定材料の提案
  • 障害診断…アプリケーション例外の発生状況の測定、発生原因・インパクトの分析改善策の提案

構築中アプリケーションの非機能要件の充足状況をレポーティング。

【構築診断】

概要 開発・テスト中のアプリケーションをモニタリングしレポートを作成します。
提供対象 下記に対する診断レポート
  • 性能診断…アプリケーションの処理層単位での詳細なスループットの測定、ボトルネックになっている処理の特定と対処方法の分析
  • 障害診断…アプリケーション例外の発生状況の測定、発生原因の分析
  • テスト網羅性診断…アプリケーション機能に対するテストの実施状況、テスト実施カバー率を分析

制約条件

  • 標準的な適用形態として(※)対象アプリケーションがJavaもしくは.Netで開発されていることとします。Java、.Netの動作が保証されればサーバ、OS等の動作環境は問いません。
  • 対象アプリケーションのソースがコンパイル可能な状態で存在していることとします。
  • 対象外のアプリケーションについては適用可否を含め要相談とさせていただいております。