社長あいさつ

代表取締役社長 橋本 登志雄

当社は、1997年に富士通グループの技術研究開発専門企業として創業し、2019年で創立22年目を迎えました。 現在は、開発ナビゲーション事業、マイグレーション事業、デジタルビジネス事業、プロダクト事業の4つの主軸となる事業を展開し、富士通グループの一員として、製造業や流通業、医療、公共をはじめとする幅広いお客様にプロフェッショナルなサービスを提供しています。

(1)開発ナビゲーション事業
         各種システムの開発において必要とされる、開発標準・方式設計・部品・データベース・性能・データ移行・DevOps・PMOなどの共通技術サービスの提供
(2)マイグレーション事業
         Java/.NET/INTARFRMアプリケーションのマイグレーションソリューションの提供
(3)デジタルビジネス事業
         デジタルビジネスを創出するためのプラットフォームの整備や開発作業の支援を行うツールの提供
(4)プロダクト事業
         自社製品(DynamicPULSE、List(Batch))/富士通ヘルスケア製品(電子カルテ、医療DWH)の開発~保守サービスの提供

当社は、中期ビジョンに『高い技術力を磨き続け、富士通グループが推進するデジタルビジネスの中核を担う会社』を掲げています。 この実現に向けて当社が保有する技術ノウハウ、製品、サービスを基にした既存事業の堅守拡大に加え、 今後の富士通の主力ビジネスとなる「デジタルビジネス」のコアテクノロジーを担う新規事業を第二の柱として成長させ、二つの事業を両輪として更なる飛躍を目指していきます。
また、健康でいきいきと自律的に働ける経営基盤強化に加え、チャレンジ精神を持った人材の積極的な採用と育成、 ワークライフバランスの充実、社会貢献などに対し、全社一丸となって取り組んでいきます。
私たちは、これまで培ってきた高い技術と高い品質をベースに、富士通グループの一員としてお客様のデジタル革新を加速し続けるとともに、お客様から信頼され、共に成長し続けられる企業を目指し、常に変革に挑戦し続け、お客様の企業価値向上に貢献してまいります。

今後とも末永くご愛顧を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年4月 

株式会社富士通システムズウェブテクノロジー

代表取締役社長 橋本 登志雄