GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 会社案内 >
  3. 採用情報 >
  4. 新卒採用 >
  5. プロジェクト紹介

先輩社員紹介

~それぞれの個性を活かし、生き生きと活躍する社員たち~

2018年度社員紹介(集合写真)
富士通システムズウェブテクノロジーでは、若手からベテラン層まで、様々な社員が日々活躍しています。入社年次も、担当する仕事も異なる中堅社員と若手社員の3人。 それぞれの入社動機や、担当の仕事とそのやりがい、そして、将来のキャリアなど、仕事を通じて思っていること、感じていることをインタビューしました。



2018年度社員紹介(蕪木)

 

 一人ひとりの“声”に耳を傾けることが大切だと気づいた


私は現在、システムの基盤を開発するプロジェクトのチームリーダーとして、グループのマネジメントを行っています。
学生の頃は、情報工学部に所属し、ネットワークやプログラムについて勉強していました。そのため、当然IT系の会社に絞り就職活動をおこなっていました。そのなかでも、当社を選んだ理由は、アプリケーションを動かすための、インフラ基盤と呼ばれる部分の開発に特化していて、ネットワーク関連の仕事ができると考えたからです。

入社から2年目までは富士通本社に出向し、ネットワークやサーバの運用管理ソフトについて勉強をさせていただきました。その後も学んだ事を活かし、ネットワーク関連の仕事を中心に仕事の幅を広げ、10年目をむかえる頃からは、現在のようなチームをまとめ、開発を進めていくようなマネジメント業務にシフトしていきました。

この役職についた当初は、メンバー個々のパフォーマンスをいかに上手く引き上げ、高いモチベーションを保たせるかについてかなり頭を悩ませました。ですが、マネジメントという業務に親身に向き合い続けたことで、メンバー一人ひとりが活き活きと働くには、メンバー個々と会話を重ね“やりたいことを与える”ということが大切だと気づきました。結局、人は心からやりたいと思えることでないと、高いモチベーションを維持し続けることはできません。そのため、日頃からチームのメンバーと、色々な会話をするよう心がけています。「どんな技術に興味があるのか?」「どんなキャリアを積んでいきたいのか?」を、汲み取るようにしています。仕事を与える際にも「なぜ今、これをやるのか?」「より成長していくためには、何が必要なのか?」について話し、仕事に取り組む意味を理解してもらうようにしています。

最も充足感にひたれるのは、プロジェクトを終えてシステムが本格稼働を開始した時にメンバーと健闘をたたえ合う瞬間です。今後は人の管理術について、より理解を深め、さらに大人数のチームを動かせるようになりたいと考えています。




2018年度社員紹介(五十嵐)
 

やりがいは、“自分のアイデア”を発信していけること


私は、流通関係の開発プロジェクトのサブリーダーとして、プログラミングを組むだけではなく、お客様とのやり取りや、チーム全体のスケジュール管理などを行っています。
学生時代は、地球工学について学び、就職活動は、一般の企業だけでなく学芸員や公務員などの道も視野に入れ活動していました。そんな中、IT業界に目を向けたのは、適性検査を何度も受けるうち、SE職が向いているということが分かり、得意とする理系の力を活かして活躍できると考えたためです。そして、最終的に当社を選んだ理由は、説明会や面接でお会いした社員の方々の人柄に惹かれ「この会社で働きたい!」と思えたからです。

入社後数ヵ月間は、新人研修でITの基礎知識やプログラミングを一から学び、SEになるための基礎力を身に付けました。その後は、実際にプロジェクトに入り、先輩社員の指導の下プログラミングの経験を積んでいきました。はじめは分からない事の方が多く、とても苦労しましたが、先輩方や協力会社の方々の助けもあって、難しい専門的知識やプログラミングの応用力を身に付け、今では成長を感じられるまでになりました。

最近感じる仕事のやりがいは、プロジェクトの全体を見渡しながら自分なりのアイデアを出していけるところです。また、取引先のお客様や、他の会社の方々と、直接話合いをすることもあり、業種や年齢を越えて、人と人とのつながりが広がっていくことに楽しさを感じています。現在は、サブリーダーとして先輩のもとで仕事をしていますが、当面の目標はリーダーとなることです。自分の意思でメンバーを動かし、業務を成功に導いていく。そうした経験を、1日も早く味わってみたいと考えています。




2018年度社員紹介(桐生)

念願の電子カルテのチームに入って


私は現在、医療現場に導入されている富士通製品「電子カルテ」の仕事に携わっています。主に開発者として、電子カルテの機能追加を行います。
大学では、情報工学について学び、大学院ではバイオ系の研究に取り組んでいました。研究と同様SEの仕事は、自分の努力が目に見え、且つ社会に役立つものを作れるところが魅力的に感じ、就職活動では、SEの仕事を中心に探していました。その中で当社に興味を持ったのは、電子カルテの開発を手掛けてることを耳にしたからです。学生の頃に学んだことを活かせると感じました。

入社にあたっても電子カルテの仕事を希望し、今も希望通りの仕事に取り組ませて頂いています。 最近では、電子カルテに記載されたデータを、さまざまなことに役立てようという動きも出てきています。例えば、患者さんの病歴をビッグデータとして取り込み、さらにAIで解析することで、病気の傾向を予測したり、病気を未然に防ぐ対策に役立てたり・・・今後、電子カルテを起点とした、より広がりある仕事に取り組んでいくことになるかもしれないので、とても楽しみにしています。

当社の雰囲気について説明すると、風通しの良い会社だと感じています。幹部社員の方々とも話がしやすく、誰とでもざっくばらんに話ができる雰囲気があります。また、社内のフットサルやバスケットボールなどの有志サークルが、それぞれ集まって楽しんでいるようです。上司と飲みに行く機会も多く、社員間の交流が取りやすい環境づくりについて、積極的に取り組んでいる会社だと思います。