GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2012年 >
  4. 安価でかつ簡易に実現できる事業継続ソリューションの提供開始

プレスリリース

2012年11月26日
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ
ファルコンストア・ジャパン株式会社

安価でかつ簡易に実現できる事業継続ソリューションの提供開始

~VMwareとFalconStor CDPの組み合わせで企業様のBCPをサポート~

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:天野 宏)は、VMware と FalconStor CDP を組み合わせた、低価格かつ簡易な構築・導入を実現する事業継続ソリューションを本日より提供開始いたします。

日々データ量が増加する今、ビジネスを継続するうえで、データへのアクセスが中断したり、システムが停止してしまうことは、企業の存続にかかわりかねない重大な問題となっています。しかし、バックアップを二重化し、即時のリカバリに備えるためのシステムはコストが高く、専門知識を持った担当者が必要となります。

富士通ソフトウェアテクノロジーズとファルコンストア・ジャパン株式会社(以下、ファルコンストア社と表記)は、低価格でかつ簡単に導入いただける事業継続ソリューションを、実績のある FalconStor CDP を核に、富士通ソフトウェアテクノロジーズよりご提供することになりました。

【特長】

1. 安価に事業継続対策が可能

本事業継続ソリューションでは、少ない投資で安心・安全の対策が可能です。

従来の方法で事業継続を検討する場合、高価なストレージや専用のサーバが必要になります。さらに構築作業もその都度のお見積となっていたため、万が一のための投資が高額となっていました。

しかし、今回のソリューションでは、VMware で動作する FalconStor CDP を採用し、さらに構築作業の内容も明確にした定額とすることで、お客様に検討いただきやすいソリューションとしました。

2. 難しいノウハウは不要

本ソリューションでは、単にソフトウェアの提供だけでなく、動作環境として必要な VMware の構築と FalconStor CDP サーバの構築など、システム導入から製品保守までを一貫して実施するため、お客様において専門的なノウハウはまったく必要ありません。

また、FalconStor CDP に標準機能として搭載されている RecoverTrac は、復旧プロセスを自動化するため、システムに対する専門知識が少ない方や管理者でも数分で復旧を実行することができます。

さらに、政府・官公庁より推奨されている万が一の障害/災害発生時のための復旧プロセスの訓練や準備も、運用中のアプリケーションやデータに影響を与えることなく、あらゆる状況からの復旧をテストすることができます。

3. 既存の仮想環境への導入が容易

既にお客様環境にて VMware を導入している場合、新規にハードウェアを含めた VMware を追加構築することなく、本ソリューションを導入することが可能となります。

FalconStor CDP ソフトウェアを既存の VMware に導入することで、初期投資コストの削減にもつながります。

【システム構成図】

システム構成図
 

【ソリューション構成】

対象マシン 構成 内容
CDPサーバ ソフトウェア
およびライセンス
FalconStor CDP VA
FalconStor CDP VA   Storage Capacity – 1TB
(1TB単位で4TBまで拡張できます)
保守・サポートサービス Falconstor CDP VA年間保守
構築サービス FalconStor CDP VAサーバ構築
VMware 構築
保護対象サーバ ソフトウェア
およびライセンス
FalconStor CDP VAに含まれます
(保護対象サーバは最大15台まで)
保守・サポートサービス FalconStor CDP VA年間保守に含まれます

【販売価格、および販売開始時期】

ソリューション名 価格(税別) 販売開始時期
FalconStor CDP事業継続ソリューション
上記ソリューション構成(FalconStor CDP-VAライセンス、 年間保守、構築サービス)の場合
188万円から 即日

Storage Capacity拡張分の費用は本価格には含まれません。
その他VMwareのソフトウェアライセンス費用及びハードウェア費用は本価格に含まれません。

【販売目標】

  • 2013年度末までに50社に導入

関連Webサイト

【ファルコンストア・ジャパン株式会社について】

ファルコンストア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:奥村泰志)は、米FalconStor Software, Inc.の100%出資子会社として、2001年に設立されました。国内の大手パートナーを通じて、日本におけるFalconStorソリューションの販売ならびに保守業務を行っています。障害・災害時の事業継続のために、単なるデータコピーではない本当の意味でのデータ保護ならびにディザスタリカバリのソリューションを提案、提供しています。

【富士通ソフトウェアテクノロジーズについて】

富士通ソフトウェアテクノロジーズは、富士通グループの一員として信頼性の高いICTシステムの構築に必須となるサービス/プロダクトを提供しています。社会や企業のニーズにこたえるため、クラウドコンピューティングなどの新しいテクノロジーを積極的に取り入れるとともに、ヒューマンセントリック社会の実現に向けたさまざまな技術開発に挑戦し、ICT社会の未来造りに貢献しております。

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本リリースに関するお問い合わせ先

ファルコンストア・ジャパン株式会社

  • FalconStor CDPについてのお問い合せ先
    マーケティング部 山本
    電話:03-3556-0211
    E-mail: pr@falconstor.co.jp

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

  • 報道関係者のお問い合わせ先
    計画部
    電話:052-937-3716
  • 本ソリューションの全般についてのお問い合わせ先
    お問い合わせフォーム

以上


プレスリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。