GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2012年 >
  4. 情報漏えい対策を強化する『Portshutter Premium』を販売開始

プレスリリース

2012年10月29日
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

情報漏えい対策を強化する『Portshutter Premium』を販売開始

~パソコンからの社内ネットワーク以外へのアクセス遮断/制限を実現~

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(代表取締役社長:天野 宏、本社:横浜市港北区)は、パソコンからの情報漏えい対策ソフト「Portshutter Premium V1.0(ポートシャッター プレミアム)」を開発し、2012年10月よりWindows® 8搭載の富士通法人向けパソコンにバンドル提供、2013年1月より一般販売を開始します。
   Portshutterシリーズは2004年の初回リリース以降、年間約100万ライセンスが導入され、パソコンへの各種デバイスの接続制限によって多くの企業・団体様の情報漏えい対策に貢献してきました。本製品は従来の機能に加え、ネットワークへの接続制限機能を搭載しました。信頼されたネットワーク以外へのアクセスを遮断/制限することにより、お客様の情報漏えい対策を強化します。

【Portshutter Premiumの新規機能】

1. ネットワーク接続制限

ビジネスの現場では、出張などの人の移動により、パソコンや簡易媒体の持ち出し・持ち込みも頻繁に発生します。残念ながら、人為的に情報を持ち出されて知らないうちにインターネットに流出、という可能性はゼロではありません。Portshutter Premiumは、登録したネットワーク以外へのアクセスを制限するため、セキュリティ対策が施された特定のネットワークだけにアクセスする環境を実現します。

2. Bluetooth® 接続の無効化

パソコンからのデータの持ち出しはBluetoothを使うことでも可能です。Portshutter Premiumは携帯電話やスマートフォンなどのBluetooth搭載機器とのペアリングを禁止し、情報漏えいの危険性を低減します。

ネットワーク接続制限の効果

ネットワーク接続制限の効果

図1:ネットワーク接続を制限/許可するイメージ

ネットワーク接続制限機能で社内のネットワーク以外に接続させない設定をしておくことで、パソコンを持ち出してもホテルや自宅でインターネットにアクセスすることはできなくなります。そのため、パソコン内の重要な情報がインターネットを介して流出する危険はほとんどなくなります。

【複数台のクライアントパソコンの集中管理も可能】

従来のPortshutterと同様に「Portshutter Premium 集中管理オプション」を導入することで、複数台のクライアントパソコンの設定を集中管理することが可能です。

Portshutter Premium の集中管理

図2:Portshutter Premiumの集中管理

【販売開始時期】

製品名 販売開始日
Portshutter Premium V1.0 2013年1月(予定)
(Windows 8搭載の富士通法人向けパソコンには 2012年10月よりバンドルされています)
Portshutter Premium V1.0 集中管理オプション 2013年1月(予定)

【販売目標】

  • Portshutter Premium
    2013年度末までに100万ライセンス出荷
  • Portshutter Premium 集中管理オプション
    2013年度末までに100サーバに導入

【関連Webサイト】

【商標について】

  • Bluetoothは、Bluetooth SIG,INCの登録商標です。
  • Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。
  • Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他の記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

本リリースに関するお問い合わせ先

  • 報道関係者のお問い合わせ先
    計画部
    電話:045-475-5611
  • 一般の方のお問い合わせ先
    お問い合わせフォーム

以上


プレスリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。